猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

タグ:雪山 ( 3 ) タグの人気記事

難所ヶ滝~宝満山~三郡山

最近忙しくて、一か月以上もブログが放置状態でした
それでも、見ていただいてる方がいらして
どおゆう訳か、アクセス数が結構ある
そんな方々に申し訳なく、最近の近況でもアップしなきゃっーと申し分けない

最近(2/25)は春らしい陽気で、季節外れのないようですが
今年はすごいことなってるいるらしい「難所ヶ滝」に
1月29日に出かけてきました(古くて記憶が定かではあるが・・・)
私は初めて出かけますので、比較しようはないんですが(^_^;)

8:00 昭和の森のキャンプ場駐車場から出発
途中まではそんなに雪はなかったが、名所になっており往来多く
道はアイスバーン状態でした
f0036700_6333347.jpg

初めてのご対面
想像以上にダイナミック
f0036700_6335490.jpg

べたなアングルですみません
何でこんなになるんでしょう?
氷が無いときにきてみたいです
f0036700_6341481.jpg

っで、私が出かけたもう1つの理由
(ほんとうはやちゃいけないんでしょうけど・・・)
f0036700_635797.jpg

こっそりお持ち帰りしました
(でも、これでばれましたかね(汗)
f0036700_634326.jpg

折角雪道にきたのですから、宝満山まで足を延ばしました
f0036700_6352494.jpg

途中の稜線は、踏み固められていて、歩きやすかったです
f0036700_6354313.jpg

宝満山 到着(時間は覚えていません)
結構人居ました
f0036700_636239.jpg

下のキャンプ場に様子見にいきました
f0036700_6362910.jpg

小屋の周りも雪だらけ
あれから一ヶ月、今はもう融けているでしょう
f0036700_6365088.jpg

仏頂山付近
雷山山脈よりは、雪の量は少ないかも
f0036700_637823.jpg

途中で遭遇した「和かんじき」
めずらしかったんで、お声かけたら
これから「道無き山中に入り、小さい滝が凍っているか確認に行く」とのこと
私より「つわもの」がいました(でも何処で手に入れたんでしょう)
f0036700_6372928.jpg

綺麗な雪道が続きます
踏み硬められていて歩きやすい
(実は、アイゼンつけていないんです)
f0036700_6375488.jpg

前通ったときも危なかった場所
雪が積もりさらに、デンジャラス
f0036700_6381557.jpg

三郡山 到着(時間 覚てません)
f0036700_6383341.jpg

気温-6℃
f0036700_638525.jpg

いつでも、何処でも、大好き「おにぎり」
御飯なだけにすこし「シャリ、シャリ」(ほんとうは凍っている)
f0036700_6391033.jpg

帰りは「頭巾山」からの下山
ここまで「アイゼン」なくてもなんとかきましたが
やっぱりアイゼン欲しくなりました
なんちゃって「山のぼらー」なんで、そんなの関係ねー(チョット古い)
でしたが、欲しくなりなした
このルートをご存知の方はわかるでしょうが、ここからの下りは
結構、急で、アイスバーン状態では、滑って、とても危険
ってゆうか、降りれません
ゆっくり、慎重に足運んでも、滑る時は滑ります。何回転んだことか(滑った)ことか!
f0036700_6394144.jpg

ようやく、駐車場に到着
多分、12時 到着
サイレンが鳴っていたのを覚えています
f0036700_6395961.jpg

で、即効(融けないうちに)、自宅に帰り、さきほどの楽しみを!
お気に入りの「黒伊佐」をロックでいただく
っま、普通の味でしたが、心には染み入りました
f0036700_6401758.jpg

初めての「難所ケ滝」でしたが、楽しかったです
それから、一ヶ月経ちましたが、それっきり山に行けてません(涙)
あーあ、暖かくなってきたのに、早くいける状態にならないかな・・・
[PR]
by k1966k | 2011-02-25 06:40 | 山歩き

井原山 雪景色

今日は(1/20)は「大寒」、一年でもっとも寒くなる時期
ここ福岡地方も年が改まってから、寒波の襲来でいつに無く寒い
山は、例年に無く雪が「ドッサリ」らしいく、雪山歩きしたいが
最近は天候不順で、ちゃんとした装備がないと・・チョットあぶない

正月から「炬燵」でヌクヌク酔っ払っていたら、あっとゆう間に「3kg」太ってしまった
このままではいかんでしょーうって、一ぱつ発起
一番近くて慣れている山、「井原山」に出かけてみた

1月15日 朝起きて、山みるとまずまずの天気
9:30「キトク橋」登山口の駐車場に車止めて出発
車が無いってことは、今日 初登りの新雪状態!
f0036700_10123612.jpg

家を出るときは、雪降っていなかったんですが、駐車場に着く頃に雪が舞いはじめた
っで、キトク橋はこんな状態
f0036700_10124756.jpg

雪の重みで倒れた木の下をくぐったりして、アンノ滝 到着
凍っているかと思ったんですが、凍らないんですかね?
f0036700_10125774.jpg

つづら折れの轍を頼りに、高度を上げて行くと、ますます雪の量が多くなる
水無登山口へのルートは完璧に埋まってる
f0036700_1013921.jpg

稜線にでると、轍・踏み後も完全にわからない状態
危険だから、あきらめて引き返そうと思たっんですが
すこし行くと、雪国に出てきそうな「轍」が発見
f0036700_10132166.jpg

ごらんのような、雪国みたいな感じ
昔「スキ-」にはまっていた頃を思い出す
f0036700_10133271.jpg

いよいよ雪は深くなり、「雷山」の縦走ルートとの合流地点 到着
f0036700_10134644.jpg

雷山への縦走路方面
少しあるいてみたが、だれも通った形跡無く
1mくらいの積雪で、「カンジキ」でもなきゃ無理って感じでした
f0036700_1014243.jpg

ごらんのとうり「案内標識」がうまっている
f0036700_10141649.jpg

ここからの登りはさらに倒木で道ふさがれ、積雪は多く
ラッセルしながらの登り、ようやく頂上が見えてきた
f0036700_1014468.jpg

今日一番乗りです
綺麗な風紋が雪の上に出来ていた
f0036700_1015561.jpg

11:30 (雪バージョン)井原山 到着
表面ガチガチに凍っていて、かなりの積雪
f0036700_10151524.jpg

こちらは無雪状態
どれだけの積雪量だかわかりますよねー
f0036700_1019148.jpg

こっちは、「脊振山系」
こっちも多分すごい積雪量でしょうね
f0036700_10152687.jpg

こちらは「雷山」方面 
いつもと全然景色が違う
f0036700_10155773.jpg

気温「-4℃」風があって寒い 早々に退散
f0036700_1015458.jpg

ポールを立ててみるとごらんのとおり
頂上の吹っきさらしの場所でもごらんのとうり「60~80cm」はあるでしょう
f0036700_10153464.jpg

下山は、昔とったきねずか「スキー」の要領で
滑るように降りることができて、楽チン

途中、3組「4人」の方とすれ違いました
それぞれに挨拶して少談したんですが、「新雪ですか?」聞かれたんで
「残念ながら私が歩いたんで・・・」って答えときました
でも、こんな寒いのに、みなさんほんと好きですね~

登山口近くなると、青空もみえてきました
f0036700_101684.jpg

12:30 無事 駐車場に到着(ホッ)

今年は、宝満山系の「難所ケ滝」の爆氷の滝も凄いことになっているよう
こんどは、そこでもいってみようかな001.gif
[PR]
by k1966k | 2011-01-20 11:19 | 山歩き

雷山~井原山 雪山縦走

いよいよ寒くなり、イルミネーション輝く街にも、雪がちらほら舞ってきた
ということは、山頂は「雪」が積もっているかも!009.gif

12月18日 念願の雪を見に出かけてみた
場所は、近郊で一番雪が積もっていそうな、「雷山」
なにしろ、スキー場があったくらいだから期待できそう
コースは、12/4に出かけた時のコースの逆周り「雷山~井原山」縦走
でも、雪山の単独行動では、非常にリスクがあるので、
少しでも無理を感じることがあったら、即エスケープするつもりで出かけた

10:10 如千寺下 駐車場から出発(全然雪無し、大丈夫かな不安)
少し遅いのは「グッデイ」でこの為の買い物したんです
何を買ったかは、後のお楽しみです
f0036700_14591449.jpg

駐車場近くの、民家の番犬が、お見送りしてくれる
今日は、クッキーがないから、何もあげれなかった
f0036700_1459421.jpg

10:35 清賀の滝 到着
まだ全然「雪」の気配さえ感じられない
f0036700_14595932.jpg

11:05 上宮 到着
手前が白くなっているように、ちらほら雪の気配がするが、まだまだって感じ
途中、下山してきた方に「雪ありましたか?」たずねたら
「5・6cmくらいありましたよ。でも先にいけないから帰ってきた」とのこと
少ないが、在りそうでる。わくわくして、急いで登る
f0036700_158644.jpg

11:35 雷山 到着
待望の「雪」ご対面 なんだか単純にうれしかった(笑)
確かに、量は少なめ
f0036700_1501380.jpg

で、世の中には同じような考えの方が、大勢いらしゃるようで
普段、この時期あんまり人影がないんですが
ごらんのように、すでに20人ぐらいの方がいる(写ってない後ろにもいます)
みなさん、好きですねー!
f0036700_1505228.jpg

こちらは、縦走路方面の山肌、雪はありそう
井原山から来た方に、行けるか聞くと
「普通に大丈夫とのこと」、縦走路へ向けて出発
f0036700_1511750.jpg

秋に縦走した時、景色が非常にすばらしく、
絶対、雪の季節に来たいと思わせてくれた、山肌もごらんのとうり
それほど雪の量は多くなく、普通に歩ける(このあたりは・・・)
f0036700_1513452.jpg

でも、だんだん深くなってきた
しかも、それほど気温が低くないので、溶けはじめていて、ぬかるんでいる
f0036700_1514932.jpg

最初のピークにて、しばし休憩(座ることはできない)
いつでも、どこでも食事は「おにぎり」、冷たいがそれでも美味しい
f0036700_1521973.jpg

で、ここで秘密兵器「長靴」に履き替える(しかも防寒仕様)
予想したとうり、雪がとけて道はぬかるんでました
登山靴は、雪と泥交じりこうゆう状態では、中に水が浸透くるでしょう
どんなに汚れても、平気で歩けるこいつが一番でしょう

私の目標としている、東北地方の「またぎ」の方たちは、
いつでも、雪山でも、「長靴」らしいのです。真似てみました
ただ、足の裏ができてないと、ダイレクトに地面の感触伝わってダメージ受けますけど
f0036700_15131167.jpg

休憩後、しばらく行くと笹の原へとついた
笹が雪の重みで、道をふさいでいて、ルートがわかりずらい
これがもし、もっと雪がおおくて真っ白なら、なおさらわかりずらいのでしょう
そうゆうのが、雪山が危険の1つでもあるんでしょうね
しかも、雪が付いていて、ぬれて冷たいし
f0036700_1523782.jpg

12:55 井原山 到着
このあたりが、一番雪の量多かったかな
f0036700_1525022.jpg

こちらは、脊振山方面 向こうの雪の状況はどうなんかな・・・
縦走路でも、20人以上の方にすれちがった
みなさん、ほんと「雪」待ちどうしかったんでしょうね
f0036700_1531330.jpg

なんとこんな日に、「登山犬」発見
童謡のような光景、♪「犬は喜び。山駆け回り・・・」って感じ
f0036700_153243.jpg

私に、何かおねだりしにきました
かわいく、「鼻」に雪乗っけてます(冷たくないのかな?)
f0036700_1532449.jpg

気温3℃ 風が無いので、それほど寒くない
f0036700_1533758.jpg

早々に下山
縦走路から、キトク橋への分岐地点
f0036700_1534871.jpg

このあたりも、晩秋の頃は非常にすばらしい情景でしたが、
ごらんのような感じ、もう少し雪がいっぱいあるとよかった
f0036700_154560.jpg

急斜面を下って、今日はこのまま、アンノ滝をすぎる
f0036700_1541838.jpg

14:00 林道の登山口 到着
中腹の歩道で帰る為、キトク橋の方に下らないで、左側の舗装道路に進む
f0036700_1543116.jpg

3:20 戻ってきたよ「ワンコウ」
行きがけに、お菓子あげなかったからか、愛想がよくない
f0036700_1544287.jpg

無事、駐車場に戻ってこれました
期待したより、雪の量が少なかったな~
でも、これ以上多いと危ないし・・・(微妙)
まだシーズン始まったばかりだし、次回に期待だー045.gif
[PR]
by k1966k | 2010-12-22 16:41 | 山歩き