猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

タグ:脊振山 ( 3 ) タグの人気記事

雷山~脊振山 縦走

11月7日 5:00 携帯の目覚ましで起きる
寝袋から起きて床に足をつて、しっかり力を入れる
大丈夫!昨日の疲れはそれほど無い
小屋の外に出てみる まだ暗い 星空が綺麗
ってことは、天気は良さそうだ

バーナーでお湯沸かし、コーヒーを飲む頃には、気合も入ってきた
縦走路を戻って「ハリヤ・ポッター」を迎えにいこう
そうきめたら、なぜか?楽しくなってきた058.gif
初めての「脊振山系西東縦走」である しかも目的がある

そうそうに「インスタントラーメン」と「御飯」の朝食を済ませて準備

6:45 小屋を綺麗にしてお礼をいって出発
できるなら雷山山頂で御来光を拝みたい
f0036700_14284937.jpg

7:15 雷山山頂 到着
朝一番からの直上りはきつい 朝日が真横から差している
御来光には、間に合わなかった
f0036700_14301860.jpg

太陽がまぶしい いい天気になりそうだ
f0036700_14303158.jpg

尾根ずたいの縦走路を進む
1つ目のピークより雷山方向を振り返る
しかし、笹に朝露があり、下半身びしょ濡れである しかも冷たい
f0036700_14303752.jpg

8:25 井原山 到着
当然 誰もいない 日が少しだけ高くなってきた
f0036700_1430466.jpg

雷山方面 朝日を浴びて「茜色」である
自分の影もまだ長い
f0036700_14305656.jpg

気温8℃ そこまで寒くはないがやはり濡れたところは冷たい
早々、下だけどもレインウエアー着ればよかたんでしょうが・・・
f0036700_1431636.jpg

9:45 三瀬峠 到着 
井原山からはずーうっと下りである
途中、中年女性2人に合う
「早いですね」って声かけられたが。そちらこそ早いとおもったが・・・

濡れた身だりをととのえて 10:00出発
f0036700_14311427.jpg

10:20 三瀬山 到着
今日の行程で、三瀬峠から金山のあたりが一番きついと思っている
逆で歩いているときには、下りで楽な区間である
とゆうことは、一番きつい区間とゆうことである
f0036700_14311964.jpg

11:40 金山 到着
やはりきつかった 最後の30分ぐらいの上りは「ヒーコラ・ヒーコラ」状態
標準タイムよりだいぶかかっている 11時過ぎには着きたかったのだが
お腹がすいてきたが、今回急に泊まりの予定にして出たのでに
食料があんまりなく、「おにぎり」なし 
菓子パンとソーセージの昼食を済ませる
f0036700_14312729.jpg

12:00 金山 出発
これからの縦走路は、樹林帯がしばらく続き、逆光の紅葉がまぶしい
f0036700_14313634.jpg

稜線の、見晴らしのいい場所からの眺め
大分・熊本などの、もっと雄大な紅葉に比べたら少ないが
脊振山系の紅葉もすてたもんじゃないですな
f0036700_14314367.jpg

これからすすむ「脊振山」が見えてきた
f0036700_14315341.jpg

13:50 「鬼ケ鼻岩」の下を望む
先週より綺麗に色着いている
f0036700_14315828.jpg

14:10 椎原峠 ようやく到着
ここまで来ると、なんだか先が見えてきた

今日は天気が良いせいか、人も多くていろんな人にも合う
ジャッケトと普通のスラックスにスニーカーとゆういでたちで
トートーバック下げてきた中年の男の人にはビックリ!でした
f0036700_1432676.jpg

ここからは、ピークも無く 平坦な縦走路をゆっくり秋を堪能

舗装道路にでるところにある「気象庁」のレーダーに寄ってみた
いままで寄ったことがなかったので、どんなんか気にはなっていた
f0036700_14321573.jpg

ここからの眺めもよい 脊振山より良いのではないでしょうか
歩いてきた、「金山」方面
f0036700_14322073.jpg

西日を浴びて茜色の山肌に浮かぶ、グリーンのレーダードーム
f0036700_14323167.jpg

15:40 「ハリア・ポッター」が待つ駐車場に到着
だいぶ日がかげってきて影も長くなってきた
本来なら、脊振山頂のお宮へ、お礼の参拝したいところだが、
駐車場からも少し登る 失礼してここから手を合わして合掌
f0036700_14323762.jpg

なんとか、無事につきました
感じは、最後の椎原からの縦走路にピークがなく
復路のほうがやさしいと感じましたが
タイム的に帰りのほうが1時間ぐらい多くかかっている
疲れた体と、気象庁レーダーの立ち寄り考えるとこんなもんですかね

それと、往復すると、行きの時きつい難所だと思うところが
帰りではそうでもなく、逆に行きがきつくなくても帰りきつい場所があったりして
そう考えると、往復のピストン縦走のそんなに悪くなかったりして・・001.gif

これくらいの体力あったら、本格的な「大分」「熊本」等の
ちゃんとした山も歩けるかな~?
でも、寒くなってくるから、来春から挑戦だー017.gif
[PR]
by k1966k | 2010-11-12 16:03 | 山歩き

脊振山~雷山 縦走

またまたやってまし、脊振山縦走
先週の土日に雷山までの計画でしたが、
途中、雨が降ってき、金山でエスケープ
今週は天気も良さそうですし、秋本番の紅葉を楽しみつつ
一気縦走で、いっぺんに脊振山系を満喫しようと思ってます058.gif

っで、先週の反省点をふまえて
どうも、自宅からのアプローチでは、時間的に体力的に
難しそうなので、不本意ではありますが、「ハリア・ポッター君」の出番
脊振山頂の駐車場まで車で行き、縦走し雷山登山口のバスで帰宅して
翌日、歩いて「ハリア・ポッター」君を迎えに行く段取り

っで、その予定でしたが・・・
朝、前日の「ボーリング大会」のおかげで、少し寝坊し
出発が遅れ、8:30家出発
おそらくこの時間では、雷山バス亭の4:10発には間に合わない
じゃ、雷山の小屋に泊まり、朝早く迎えに行く計画変更
ある意味、また暖炉でヌクヌクできるのかと、楽しみも増えた016.gif


9;20 脊振山駐車場 到着
「ミサイル」君と記念撮影
f0036700_11384261.jpg

9:30 脊振山山頂
何度かきているが、こんなに天気が良く、見晴らしいいのは初めてである
まだ、福岡市内は「朝霧」の中
f0036700_11385242.jpg

こちらは、これから歩く雷山方向
気象庁のレーダードームが手前に見える
山々もいい色かげんである
f0036700_1139228.jpg

ポチポチ歩きだし、ペースがのってくるころ現れる
何度か来ているが、いつも不思議に思う地点
白い砂状の大地!なんてゆう所なんだろう?
f0036700_11391124.jpg

朝の日を浴びて綺麗です 笹とのコントラストがすばらしい
(本当はもっと綺麗でしたが、腕が悪いのかいまいちですかな・・)
f0036700_11392176.jpg

途中、椎原峠で20人ぐらいの団体さんの合う
話聞くと、東京からの登山旅行者とのこと
北九州方面の3つ山(聞いたが忘れた)をのぼって、脊振山が最後の目的地
優雅ですね~って話したら、いつか関東の山にもいらしてくださいって
そうですね、いつかは日本アルプスなんかいってみたいですな~(笑)

10:40 鬼ケ鼻岩 到着
ここまで、気になる人物が一人
30歳ぐらいの男の人と、抜きつ抜かれつで歩く
f0036700_11392922.jpg

11:15 矢筈峠 到着
金山までの大体中間点 バック下ろし少し行動食を食し、休憩
f0036700_11393975.jpg

ここからは、ピークがすこしあるが気持ちいい樹林帯
さすがに秋本番 落ち葉の道で気持ちよくすすむ
f0036700_1139486.jpg

12:15 金山 到着
先ほどの男の人は先に到着しており お湯沸かしてカップラーメンで食事中
とゆうことは、自分より15分くらいは早い、いい足してます
せっかくなので、挨拶をしてお話をしてみると、まだ2回目の金山だそうです
食べ終わったら、また来た道を戻るそうです
そうなんですよね。車で来ると戻らないといけない、自分もそれが嫌なんです
f0036700_11395851.jpg

っで、自分も御飯 毎度おなじみの「おにぎり」
今回はサッカーボール状態 海苔が少なかった(涙)
f0036700_1140618.jpg

13:40 三瀬峠 到着
金山頂上でも人多かったが、車も多い
f0036700_11401394.jpg

15:25 井原山 到着
途中 初老の夫婦の方とすれ違ったがそれ以外は人と合わず
当然、こんな時間に頂上に人いません
f0036700_11402093.jpg

気温16℃ そんなに寒くありません
f0036700_11402878.jpg

途中「リンドウ」?発見
あんまり花の写真撮ったことないので上手く写ってない
f0036700_11403694.jpg

16:50 雷山 到着
やっぱり、途中誰にもあいませんでした(あたりまえか)
でも、山頂に近づくと人の声が (一瞬幻聴?)
この時間に、青竹を杖に男子が4人登ってきた
聞くと「九大」生とのこと 急に思い立ってきたとのこと
すごく疲れたといっているが、自分もつかれた 少し休憩008.gif

傍らで、若者らが無邪気にはしゃいでいる
「トップオブ・ザ・マウンテン」といって岩の上でポーズしたり
「雷山山頂なう」ツイッター してみたらと一人言うと
「え、電波入らん」「オレのは入る・・」のん気なこといってる
f0036700_11404355.jpg

そのうち「羽金山」に日が沈みかけてきた
若人もしばし見とれて「オー沈んでくよ」って

でも、おいおい帰りすぐ暗くなるけど大丈夫?こっちが心配になってきた
「帰り下の祠の左いって、舗装道路で帰ったら」って声かけたら
「ありがとうございます」って、「自分達その道できましたから」って
ちゃんと帰れたかな?ニュースになってないようだから大丈夫だったかな
f0036700_11405050.jpg

っで、自分も17:30 小屋に到着
少し薄暗くなってきた、バッグ下ろしすぐ「薪」集め
山の中、いくらでも集められる それと直ぐ下の水場へ水汲み

今回は自前の「薪」ですから、遠慮せずにがんがん火を起こす
そしてビールを「プシュ」 一人健康に乾杯
鉄鍋でチキンとウインナーのグリル(塩味のみ)を肴に
ビール500ml2本と焼酎350ml(お湯割り)を五臓六腑に行き渡らせる
〆に、大盛りカレーを流しこむ
f0036700_11405761.jpg

お酒に酔い、ゆらめく炎に酔い、明日どうしようか思案
バスで帰っても、自宅から5時間歩く
だった、このまま引き返し縦走してもいい
ただ、西から東の縦走は脊振山系3日間一気縦走にとって置きたい

酔っ払って考えたって、堂々巡り、それに眠くなってきた
目覚ましだけセットして、起きてみて、体と気力に相談して朝決断しようと思う

っで、次の日どうしたかは?次回にアップ001.gif
[PR]
by k1966k | 2010-11-10 12:04 | 山歩き

基山~金山 縦走

時間が前後しますが、9月19・20日に
基山~九千部山~蛤岳~脊振山~金山を2日間にかけて
縦走してきてのを、きたる「背振山系西東縦走」のための
記録としてアップしておこうと思う

9月19日 6:30 JR原田駅から出発
この時期はまだまだ暑かった
でも朝早く、少しは涼しい
f0036700_15384151.jpg

7:10 本格的な基山への登山口
ここまでの道は、はっきり行ってあんまり綺麗とはいえなかった
f0036700_15385230.jpg

途中、筑紫野市内が見渡せる
まだ、大半の人はおやすみかな
f0036700_1539255.jpg

7:45 基山山頂
綺麗に草刈ったあとでした
f0036700_15391646.jpg

山頂よりこれからのやまなみを望む
f0036700_15392689.jpg

8:00 下の舗装道路の看板
山頂が意外と広くこの看板の場所までも結構時間かかる 
f0036700_15393688.jpg

9:15 柿の原峠
途中、「久留米山岳会80周年記念山行  福岡県横断一気縦走」の一行に合う(多分)
九州自然歩道への道がわからず、ずーっと舗装道路を歩き少し遠回り
f0036700_15394396.jpg

10:10 権現山分岐 到着
少し休憩 先を急ぐので山頂へはいかずこのままレッツGO(古いか)
f0036700_15395269.jpg

10:15 大峠 到着
けっこう「へびちゃん」遭遇
f0036700_1540056.jpg

11:20 九千部山 到着
ここまでの登山道に「バイク・自転車通行禁止」ってあったけど
通る人がいるってことですかね

しかし、すっごう電波塔の数 こんなにいっぱい必要なの?っ感じ
f0036700_1540732.jpg

ここからの道はすごく綺麗な稜線で、今度は「紅葉」の時期に来てみたい
f0036700_15401945.jpg

11:55 ふーやっと中間ですか
出発から5時間半 でも今日の分のまだまだ半分
f0036700_15402597.jpg

何やらあやしげ物発見
調べてみると、藩政時代の「山境界石」だそうです
f0036700_1540363.jpg

13:00 三国峠越えて 七曲峠 到着
なぜか「太陽にほえろ」のテーマソングがリフレイン
f0036700_15404639.jpg

15:10 蛤岳への登山口
ここでも「久留米山岳会80周年記念山行  福岡県横断一気縦走」の一行に合う
「どこからきたの?」って聞かれて
「基山です」って応えるのが精一杯でした
f0036700_1540524.jpg

ここから「蛤水道」の横をしばらく歩く
水道の中を「マムシ」が気持ちよさそうに泳いでた
ってゆうか、コンクリートの壁で上に上がれず焦っていたような
f0036700_1541020.jpg

16:00 蛤岳 到着
ここでテント泊にしようかと思ったが、あまりににも寂しい
しかも、2L持ってきた水が切れかかっている
もう少しがんばって、背振山キャンプまで行くか
f0036700_15411067.jpg

はじめてあるいた「木道」
最初はめずらしくてよかったが、結構長くてなかな着かない
疲れた体より、精神的なダメージ
f0036700_15411562.jpg

17:30 脊振山キャンプ場 到着
さすがに疲れた もう歩かなくていいんだって思う
少し「遍路」の時を思い出す

早速、荷物を降ろし、保冷材に囲まれた「ビール」を取り出しプシュ
しばし放心状態で、五臓六腑に染み入る感じを堪能
このあといつもの「なんちゃって焼肉」をし食事後爆睡

ここまでの道のりは、稜線の縦走で水場なくて困った
しかも結構な暑さでそうとう消費して、今度来るときはその辺考慮せねばいけない
それと、それほどアップダウンも無く、平地と同じぐらいの距離は行けると確信
それが逆歩きだとどうなるかでしょうが009.gif


9月20日 6:00起床
翌朝はガスがかかっている
7:00出発して「脊振山」山頂へ
7:30 山頂 初めてきたのに真っ白 早々に出発
f0036700_15412699.jpg

8:00 矢筈峠 
f0036700_15413137.jpg

途中の広葉樹林帯もガスっていますが
それはそれで、いい雰囲気出てます
f0036700_17312758.jpg

9:00 椎原峠 休憩
ここまでの「笹こぎ」雨で濡れた後で下半身びしょっり(少し寒い)
f0036700_15422656.jpg

10:00 猟師岩 到着
しかし、行動食ばかりで、なんだか気力がでない
なんか良い物考えないと長い距離歩けんな~
f0036700_15423744.jpg

10:25 小爪峠 到着
f0036700_1542433.jpg

12:00 金山 到着
ここまで来るとなんとなく終わってきがしてきたが
しかし、事故は下りで起こるのが常 気を引き締めて下る
f0036700_15425560.jpg

13:50 「千石の郷」登山口 到着
ここまできたら一安心
f0036700_1543062.jpg

すっごく疲れたけど、充実感いっぱい

この後、ひっと風呂浴びて、
今回歩いた山と、健康な体に、感謝の乾杯ビールして極楽極楽でしたとさ・・・

あとは、西から縦走するだけど いつ決行しようかな
3連休は無いし・・・、今週はゴルフだし・・・、寒くなるし・・・ブツブツ
まっ、ゆっくりビールでも飲みなが、作戦練るかな016.gif
[PR]
by k1966k | 2010-10-22 17:01 | 山歩き