猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

タグ:登山 ( 12 ) タグの人気記事

井原山 雪景色

今日は(1/20)は「大寒」、一年でもっとも寒くなる時期
ここ福岡地方も年が改まってから、寒波の襲来でいつに無く寒い
山は、例年に無く雪が「ドッサリ」らしいく、雪山歩きしたいが
最近は天候不順で、ちゃんとした装備がないと・・チョットあぶない

正月から「炬燵」でヌクヌク酔っ払っていたら、あっとゆう間に「3kg」太ってしまった
このままではいかんでしょーうって、一ぱつ発起
一番近くて慣れている山、「井原山」に出かけてみた

1月15日 朝起きて、山みるとまずまずの天気
9:30「キトク橋」登山口の駐車場に車止めて出発
車が無いってことは、今日 初登りの新雪状態!
f0036700_10123612.jpg

家を出るときは、雪降っていなかったんですが、駐車場に着く頃に雪が舞いはじめた
っで、キトク橋はこんな状態
f0036700_10124756.jpg

雪の重みで倒れた木の下をくぐったりして、アンノ滝 到着
凍っているかと思ったんですが、凍らないんですかね?
f0036700_10125774.jpg

つづら折れの轍を頼りに、高度を上げて行くと、ますます雪の量が多くなる
水無登山口へのルートは完璧に埋まってる
f0036700_1013921.jpg

稜線にでると、轍・踏み後も完全にわからない状態
危険だから、あきらめて引き返そうと思たっんですが
すこし行くと、雪国に出てきそうな「轍」が発見
f0036700_10132166.jpg

ごらんのような、雪国みたいな感じ
昔「スキ-」にはまっていた頃を思い出す
f0036700_10133271.jpg

いよいよ雪は深くなり、「雷山」の縦走ルートとの合流地点 到着
f0036700_10134644.jpg

雷山への縦走路方面
少しあるいてみたが、だれも通った形跡無く
1mくらいの積雪で、「カンジキ」でもなきゃ無理って感じでした
f0036700_1014243.jpg

ごらんのとうり「案内標識」がうまっている
f0036700_10141649.jpg

ここからの登りはさらに倒木で道ふさがれ、積雪は多く
ラッセルしながらの登り、ようやく頂上が見えてきた
f0036700_1014468.jpg

今日一番乗りです
綺麗な風紋が雪の上に出来ていた
f0036700_1015561.jpg

11:30 (雪バージョン)井原山 到着
表面ガチガチに凍っていて、かなりの積雪
f0036700_10151524.jpg

こちらは無雪状態
どれだけの積雪量だかわかりますよねー
f0036700_1019148.jpg

こっちは、「脊振山系」
こっちも多分すごい積雪量でしょうね
f0036700_10152687.jpg

こちらは「雷山」方面 
いつもと全然景色が違う
f0036700_10155773.jpg

気温「-4℃」風があって寒い 早々に退散
f0036700_1015458.jpg

ポールを立ててみるとごらんのとおり
頂上の吹っきさらしの場所でもごらんのとうり「60~80cm」はあるでしょう
f0036700_10153464.jpg

下山は、昔とったきねずか「スキー」の要領で
滑るように降りることができて、楽チン

途中、3組「4人」の方とすれ違いました
それぞれに挨拶して少談したんですが、「新雪ですか?」聞かれたんで
「残念ながら私が歩いたんで・・・」って答えときました
でも、こんな寒いのに、みなさんほんと好きですね~

登山口近くなると、青空もみえてきました
f0036700_101684.jpg

12:30 無事 駐車場に到着(ホッ)

今年は、宝満山系の「難所ケ滝」の爆氷の滝も凄いことになっているよう
こんどは、そこでもいってみようかな001.gif
[PR]
by k1966k | 2011-01-20 11:19 | 山歩き

雷山~井原山 雪山縦走

いよいよ寒くなり、イルミネーション輝く街にも、雪がちらほら舞ってきた
ということは、山頂は「雪」が積もっているかも!009.gif

12月18日 念願の雪を見に出かけてみた
場所は、近郊で一番雪が積もっていそうな、「雷山」
なにしろ、スキー場があったくらいだから期待できそう
コースは、12/4に出かけた時のコースの逆周り「雷山~井原山」縦走
でも、雪山の単独行動では、非常にリスクがあるので、
少しでも無理を感じることがあったら、即エスケープするつもりで出かけた

10:10 如千寺下 駐車場から出発(全然雪無し、大丈夫かな不安)
少し遅いのは「グッデイ」でこの為の買い物したんです
何を買ったかは、後のお楽しみです
f0036700_14591449.jpg

駐車場近くの、民家の番犬が、お見送りしてくれる
今日は、クッキーがないから、何もあげれなかった
f0036700_1459421.jpg

10:35 清賀の滝 到着
まだ全然「雪」の気配さえ感じられない
f0036700_14595932.jpg

11:05 上宮 到着
手前が白くなっているように、ちらほら雪の気配がするが、まだまだって感じ
途中、下山してきた方に「雪ありましたか?」たずねたら
「5・6cmくらいありましたよ。でも先にいけないから帰ってきた」とのこと
少ないが、在りそうでる。わくわくして、急いで登る
f0036700_158644.jpg

11:35 雷山 到着
待望の「雪」ご対面 なんだか単純にうれしかった(笑)
確かに、量は少なめ
f0036700_1501380.jpg

で、世の中には同じような考えの方が、大勢いらしゃるようで
普段、この時期あんまり人影がないんですが
ごらんのように、すでに20人ぐらいの方がいる(写ってない後ろにもいます)
みなさん、好きですねー!
f0036700_1505228.jpg

こちらは、縦走路方面の山肌、雪はありそう
井原山から来た方に、行けるか聞くと
「普通に大丈夫とのこと」、縦走路へ向けて出発
f0036700_1511750.jpg

秋に縦走した時、景色が非常にすばらしく、
絶対、雪の季節に来たいと思わせてくれた、山肌もごらんのとうり
それほど雪の量は多くなく、普通に歩ける(このあたりは・・・)
f0036700_1513452.jpg

でも、だんだん深くなってきた
しかも、それほど気温が低くないので、溶けはじめていて、ぬかるんでいる
f0036700_1514932.jpg

最初のピークにて、しばし休憩(座ることはできない)
いつでも、どこでも食事は「おにぎり」、冷たいがそれでも美味しい
f0036700_1521973.jpg

で、ここで秘密兵器「長靴」に履き替える(しかも防寒仕様)
予想したとうり、雪がとけて道はぬかるんでました
登山靴は、雪と泥交じりこうゆう状態では、中に水が浸透くるでしょう
どんなに汚れても、平気で歩けるこいつが一番でしょう

私の目標としている、東北地方の「またぎ」の方たちは、
いつでも、雪山でも、「長靴」らしいのです。真似てみました
ただ、足の裏ができてないと、ダイレクトに地面の感触伝わってダメージ受けますけど
f0036700_15131167.jpg

休憩後、しばらく行くと笹の原へとついた
笹が雪の重みで、道をふさいでいて、ルートがわかりずらい
これがもし、もっと雪がおおくて真っ白なら、なおさらわかりずらいのでしょう
そうゆうのが、雪山が危険の1つでもあるんでしょうね
しかも、雪が付いていて、ぬれて冷たいし
f0036700_1523782.jpg

12:55 井原山 到着
このあたりが、一番雪の量多かったかな
f0036700_1525022.jpg

こちらは、脊振山方面 向こうの雪の状況はどうなんかな・・・
縦走路でも、20人以上の方にすれちがった
みなさん、ほんと「雪」待ちどうしかったんでしょうね
f0036700_1531330.jpg

なんとこんな日に、「登山犬」発見
童謡のような光景、♪「犬は喜び。山駆け回り・・・」って感じ
f0036700_153243.jpg

私に、何かおねだりしにきました
かわいく、「鼻」に雪乗っけてます(冷たくないのかな?)
f0036700_1532449.jpg

気温3℃ 風が無いので、それほど寒くない
f0036700_1533758.jpg

早々に下山
縦走路から、キトク橋への分岐地点
f0036700_1534871.jpg

このあたりも、晩秋の頃は非常にすばらしい情景でしたが、
ごらんのような感じ、もう少し雪がいっぱいあるとよかった
f0036700_154560.jpg

急斜面を下って、今日はこのまま、アンノ滝をすぎる
f0036700_1541838.jpg

14:00 林道の登山口 到着
中腹の歩道で帰る為、キトク橋の方に下らないで、左側の舗装道路に進む
f0036700_1543116.jpg

3:20 戻ってきたよ「ワンコウ」
行きがけに、お菓子あげなかったからか、愛想がよくない
f0036700_1544287.jpg

無事、駐車場に戻ってこれました
期待したより、雪の量が少なかったな~
でも、これ以上多いと危ないし・・・(微妙)
まだシーズン始まったばかりだし、次回に期待だー045.gif
[PR]
by k1966k | 2010-12-22 16:41 | 山歩き

叶嶽~高祖山 縦走

朝起きたら、今日も(12/5)天気がいい
昨日の、気持ちいい山歩きの余韻が残っていて
また、山歩きしたいと思ったが、
こんな天気のいい日には、掃除・洗濯もいいと思い
家のお片付けを済ます(雨でも降らないといいが)

っで、午後からビールでも飲んで、まったりしようかと思ったが
あまりにも、天気がよいので、近場でこんな時間から出かけられる場所
「叶嶽~高祖山」の周回縦走路があるのをみつけ、出かけてみた

12月5日 12:25 屋外活動センターから出発
この時期 昼間でも日が傾いている
f0036700_1631767.jpg

少し舗装道路を戻り、叶嶽神社の入り口より登る
水汲みしている方がいらしゃるが、美味しいんでしょうか?
f0036700_16311542.jpg

珍しい、白い鳥居の間を抜けてすすむ
f0036700_16312370.jpg

意外と綺麗な紅葉が、残っていたりして、ちょっとうれしい
f0036700_16313392.jpg

眺望が覗けるところから、里山をのぞむ
海抜何10mぐらいのところの紅葉はまだまだ綺麗に残っている
f0036700_16314032.jpg

っで、不意に変な物遭遇!坂の上に鎮座まします物
よく見ると、お地蔵さまのような、そうでないような・・・
f0036700_16314815.jpg

9合目あたりで、「不動岩」の案内 「24歩」とある
ひねくれ者の気がさわぐ
本当に24歩?
f0036700_1631558.jpg

っで、実際に数えてみた
ゴルフで鍛えた歩測技術 「きっかり36歩」でした
行きも帰りもきっちり「36歩」でした 32.5mです
f0036700_1632373.jpg

13:05 叶嶽神社 到着
時間はたいしたことないが、いきなりの急坂 つかれた
f0036700_16321329.jpg

頂上 広場
f0036700_16421711.jpg

少し開けている場所から「福岡市内」
多分、「油山」方面
f0036700_16324288.jpg

こちらは、右が飯盛山、左が油山
9月に「飯盛山」からここまでは縦走したことあります
f0036700_16324946.jpg

13:35 高池山 到着
いちよう「二等三角点」
三角点の等級は眺望のよさで決まるそうですが
二等にしては、いまいちでした(三等に格下げじゃ)
f0036700_16325853.jpg

山にしてはすこぶるかわいい
縦走路のピークみたい
f0036700_1633420.jpg

で、少し登ったり、下ったり
他の散歩者(家がちかいんでしょうね、とても軽装です)とすれちがったりして
飯盛山からの縦走路をすぎたころ、少し眺望が開ける
昨日いった「雷山」方面(たぶん?)
f0036700_16331282.jpg

そこから先は巻き道で、全然眺望効かず、林道に出ました
少し迷いましたが、車の左側へ上り口がある
f0036700_16331811.jpg

そこから先の全然眺望効きません
でも、ほとんどフラットな道
木々が濃いいんでしょうか、少し薄暗い感じ
っで、こんな障害物があったりして・・・
f0036700_16443954.jpg

こんな物も
なんなんでしょう?山城のなごり・防空壕の跡
ヘッドライトで探検しようかと思ったんですが
少し不気味でやめといた
f0036700_16332658.jpg

頂上への最後の上り
山城の跡だけに、最後の攻めはきつい
f0036700_16333335.jpg

14:20 高祖山 到着
f0036700_16334280.jpg

気温13℃ 
f0036700_16334944.jpg

海側
f0036700_16335447.jpg

山側
f0036700_1634111.jpg

案内看板
f0036700_1634913.jpg

どの山なのか、説明できませんので省略(汗)
早々に退散
来た道を少し戻り、屋外活動センターへの道へ下る
f0036700_16465715.jpg

15:20 駐車場到着
っで、家に帰って「プシュー」
本当は、これが美味しくなるために歩いたんですよ(爆)

師走に入り、何かと気持ちだけは忙しくなっくるが
あと何回「山歩き」できるかな・・・043.gif
(雪早く降らないかな)
[PR]
by k1966k | 2010-12-10 17:36 | 山歩き

井原山~雷山 縦走

またまた「脊振山系」でかけまし001.gif

「井原・雷山」縦走コースは何度となく歩いているが、
自分的には往復して戻るのは、あまり好きではない(それなりに楽しみ方もあるが)
周回できるこのルートは、以前より気になっていたのです
しかも、井原山への「キトク橋」からの超メジャールートは登ったことがないので楽しみ

12月4日 師走のすこぶるいい天気の出かけてみた

9:10 雷山登山口にマイカーを置いて出発
f0036700_1112073.jpg

駐車場そばの案内看板で、今日のルートの確認
初めて「雷山」に登る男人と、挨拶とお互いの検討を祈って分かれた
f0036700_1112958.jpg

すこし上の「千如寺」の大楓を見に立ち寄る
さすがにこの時期、全部葉っぱ落ちてこの有様
f0036700_11121813.jpg

すこし、もどって中腹の自然歩道の入り口
このとき、前出の人のあとを付いていってしまい「雷山」への上り道を登ってしまった
なぜ?付いていったかは、自分でもよくわからない 不思議だ
人間て、時に変な行動をするものですなー
f0036700_1128989.jpg

20分ぐらいのロスがでたが、こんな感じの標識が
いっぱい出ていて、迷わずズンズンすすむ
f0036700_11122570.jpg

途中の道は、1つ峠を越える山道で、ほとんど植林の中
植林の中の道は味気ない所が多いが、この日は
朝日が差し込み、下草に反射して幻想的
f0036700_11123435.jpg

10:05 しばらくすすむと林道にでた
このままこの道をすすむのかと思ったが・・・
f0036700_11124494.jpg

地味な案内表示発見!
たまたま気がついたが、危うく見過ごしそうになる
f0036700_11162016.jpg

ほんとにこの方向?人工的な土手の下へ階段が続いている
半分疑いの気持ちですすんでみる
f0036700_11163369.jpg

下まで降りたら、「洗谷渓谷」への表示
縦走路途中にも下りの案内があるが、ここへでるのか
今度はこの道を登ってみたい(むむ新しい計画か!)
f0036700_11164578.jpg

で、しばらく里山を舗装道路にすすんで行くと
「瑞梅寺山の家」の前をすすむ
この施設何んなんでしょう?っと思う
f0036700_1116523.jpg

10:25 キトク端の駐車場
ネットとかで調べていると、時々お目にかかる情景
はじめてきたのに、懐かしい感じ(変)
f0036700_1117213.jpg

っで、これが「キトク橋」、奇徳橋って漢字で書くらしいです
f0036700_1117914.jpg

ここからは沢沿いをあるく
途中小さな滝がいくつか過ぎ
f0036700_11171645.jpg

10:55 見えてきました「アンノ滝」
はじめてみました、でもなぜに「アンノ滝」?
和田アキコの「あの金を鳴らすの・・・」♪が頭の中で響く
f0036700_11172425.jpg

近くまで寄ってみた
遠くから眺めた時は、水量はそれほど多くないと思ったが
下まできたら、結構な迫力(夏なら気持ちいいかも)
f0036700_1117341.jpg

で、またまた小さな滝遭遇
ミニチュアってかんじで、かわいい 名前あるのかな?
f0036700_11174241.jpg

ここからはしばらく、つづら折れの道を高度を上げていくが
単純なのぼりで、面白くないので、ちょっと遊んでみた
f0036700_15364880.jpg

少し明るくなったところで、振り返ると、木々の間から町並みが覗けた
f0036700_11175161.jpg

上りが緩くなってきたところで、気持ちいい縦走路
完璧に、葉っぱ落ちてとても明るい
f0036700_11175989.jpg

11:50 縦走路との合流地点
f0036700_1118889.jpg

12:00 井原山 到着
この日は本当に天気がよかった
日影の部分は霜が降りていて白かったです
何回か来ているが、雲1つ無いのは、初めてである
f0036700_11181656.jpg

福岡市内がくっきり見える
f0036700_11182222.jpg

こちらは、「脊振山系」 遠くにも山々がはっきり見えるが名前よくわかりません
f0036700_11244062.jpg

気温9℃ 風が無いのでそれほど寒くない
f0036700_11183827.jpg

少し休憩後、雷山へ向けてGO
途中の縦走路は葉っぱが落ちて、剥きだしの山肌がまるみえって感じです
冬のこうゆう山も、すごく素敵です。いいもんですな
f0036700_11184664.jpg

眺望が開けた場所 完璧な冬枯れの野です
写真撮りながら、のんびり歩いていたら、行く人に追い越されちゃった
f0036700_11185483.jpg

13:20 雷山 到着
まったりしている方、一人
f0036700_1119117.jpg

羽金山のアンテナの支線まではっきり見える
f0036700_1119886.jpg

いつのも「おにぎり」昼食

先に来ていた方も、ちょくちょく来るそうですが
「こんなに視界がいいのは、久ぶり」ですって!
f0036700_11191668.jpg

20分ぐらい休憩して下山
14:00 上宮 到着
いつも木々に囲まれて暗い所だが、今日は明るい
f0036700_11192484.jpg

14:25 清賀の滝
この日は、いくつ滝見たんだろう?
f0036700_11193224.jpg

14:45 駐車場 到着
しかし、マイカー汚れてるなー
年末だし、洗車でもしてあげるか
f0036700_11193939.jpg

いやー、冬枯れの縦走路がこんなに気持ちいいとは知りませんでした
明るくて、眺望が効くから余計そう思うのかもしれないです

また明日も、来たいと思うくらいのいい一日でした058.gif
[PR]
by k1966k | 2010-12-08 12:00 | 山歩き

宗像四塚縦走 復路編

気合をいれなおして出発である
ピストンで戻る縦走では、来た道の景色を反対側から見ることによって
はじめて通る道ような感覚が新鮮でいい
しかも、だいだいのルートがわかっているのでペースもつかみやすい

12:20 登山口出発
f0036700_13593197.jpg

しかし、入り口から、急なのぼりである
下ってきた時、急下りだったから、当然といえば当然か(笑)

下りる時に気がつかなかった小さな祠がある
f0036700_1465083.jpg

13:00 湯川山 到着
こんどは、リュックではなく、シャツが干してある
誰も見当たらない 忘れ物かな?
f0036700_1471860.jpg

本当は、疲れて縦走できそうでなかったら途中でエスケープして
近くのバス停から、戻ろうと少しは考えていた
それを、頂上までの上りの調子で判断するつもりでいた

結果は、まずまずのペースである
このまま帰れそうそうである
っで、余裕ができたのか!コーヒーを飲みたくなってきた
頂上よりすこし下った「NHK」塔の風の当たらない場所で、休憩
コーヒーと、いつもの行動食を食べる
「しっとりクッキー」が最近のお気に入り
リュックにギュウギュウ押し込んでも粉々にならないのがいい
f0036700_1410397.jpg

13:20 再出発
途中、別々に2人の女性の縦走者とすれ違う

最初の方にピストンですかと聞かれ
「そうです」とこたえると、
「私も時々しますが今日は時間がおしてるので、「ナギ野」まで戻ってからバスで帰る」とのこと
それでも、たいしたものである

もう一人の方は、この↓建物のフェンスに寄りかかり休憩中
大きなリュック(50l~60l)が傍らに置いてあり、練習中とのこと
がんばってもう少しですから、と励まして出発

縦走者はこの2人だけ 最近は女性が元気ですな~
f0036700_14375434.jpg

13:50 垂見峠 到着
ここまでの下りが♪「どんぐりころころ」で「さー大変」って感じでした
ご存知のとおり、どんぐりは丸くてコロコロしている
それに載ると、すべってしまい何回かズッルってやってしまった
往路の時「わーすごい数とおもって感動したのに・・・」
f0036700_14231246.jpg

14:50 孔大寺山 到着
眺望が望めないので、このままスルーして進む
f0036700_14104976.jpg

15:25 地蔵峠 到着
f0036700_14105817.jpg

しかし凄い光景である
車を通す為にやったんでしょうが、もうすこし違う道とか方法とか無かったんでしょうかね~
f0036700_14512596.jpg

その斜面の上から、いままで歩いてきた「孔大寺山」を振り返る
すこし日が傾きはじめている 急がねば
f0036700_1411868.jpg

16:10 北金山 到着
ここまでくれば、先は見えてきた なんとかなりそう
f0036700_1411169.jpg

これも「孔大寺山」いよいよ夕日との競争になってきた
f0036700_14112234.jpg

16:40 石峠 通過
完全に林の中は薄暗くなってきているが、ここから一気にのぼれば終了である
しかしここからの上りで親切にロープが渡してあるが、自分的には興ざめである
せっかく、自然の中に入り、自力で進むの楽しんでいるのに
それを、無理やりロープで矯正されているような・・・
f0036700_150151.jpg

17:10 やった!ゴールの城山 到着
映画「ロッキー」でスタローンが広場ジャンプしているシーンの♪音楽が・・・
f0036700_14113073.jpg

今度は、武田鉄やの3年B組「金八先生」の♪テーマソングが・・・
f0036700_1503374.jpg

着いてしばらく、丸い石の上で放心状態
よくあるいてこれました 自分でも関心するよ

17:20 下山開始
本当は、ここからが今回のメインイベントとなりました

下山口にすぐ近くに、入山情報とか展示してある小屋があり
その小屋をかたずけている、おばさんがいらしゃって
まさかこんな時間に人がいるものとは思っていなかったので
すごくびっくり、ってゆうか動揺してしまい
下山口を、右側の教育大前駅のほうに行かなければいけないのを
真っ直ぐ「上畑」の方へ行ってしまった
注意しとけばわかるはずだが、動揺がしていたのが効いていたのか・・・

しばらくすすんで、おかしい!とは思ったが勘違いだと思い進む
それでも、往路の時は階段がズーット続いていていたはず、それがない
しかも距離表示の看板(前出)を覚えていたので、
それが有るから間違ってはいないはずと進む
この時は暗闇がだいぶすすんでおり、足元を注意して歩いていたために
さらに周りの状況が、登って来た時と違うのを認識できていなかったのである

途中「上畑」への表示案内が出てきた時は完璧にまちがえたと認識
この時点で引き返えせばよかったんでしょうが、そこは浅はかな考えが
まっ、人家の明かりが見えているから、すぐ着くでしょうっとタカをくくってそのまま下山
しかし祠を過ぎ、石段をすすむころには街の明かりも無くなり寂しくなってくる

このままじゃ、駐車場に着かない無いなと判断、引き返す
もう真っ暗である しょうがない「ヘッドランプ」装着である
本来なら、わかる位置まで戻って
そこから再度ルートを探すのが、迷った時の鉄則である

であるが、引き返す途中に、巻き道の「赤間登山口の案内」発見
確信はないが、そちらにすすんでみる だいぶ進むが、いっこうに下る気配なし
この道もダメじゃ、何処に出るかわからない  またまた引き返す

後で冷静になって考えてみれば、そのみちは周回道になっており
ちゃんと「駐車場」への下山口につながっている
周回路で巻き道だから、当然下ってはいない
そこが、冷静な判断ができないとうか、事前調査をしてこなかった罰でしょうね

だんだんあせってきた、ひょっとしてこのまま山から出られないんじゃないかと・・・
それこそ、「ビバーク」しなきゃといけないのかなーとも考える
しかし、今日はテントはもってきたいるが「ビール」がない
そんな夜は過ごしたくない なんとか、下山せねば

疲れた体に鞭うって、いったん頂上にもどる そこから再度 確認
なーんだ「そこか」って間違えた箇所発見!っで再度下山開始
そしたら、見覚えある階段がでてきて、案内もでてきた
この道で間違いないと確信

19:20 約20分で駐車場到着 約2時間山の中うろうろしてた
緊張していたせいか、その時点では疲れを感じなかったが、
家に着いたとたんドット疲れがでて、楽しみのビールのんでバタンキューでした
いつもなら筋肉痛にならないんですが、翌日けっこうきました

大事にいたらずにすんだが、いい教訓になりました
どんな小さな山も、事前にきちんと情報収集して
注意散漫にならないよう、集中して歩くこと
そして、もう少し時間に余裕をもって行動すること

いろいろありましたが、それこそ冬眠してしばらくおとなしくしとこかな042.gif
[PR]
by k1966k | 2010-11-19 15:17 | 山歩き

宗像四塚縦走

先週の脊振山縦走で、福岡市近郊の縦走コースをだいたい歩いたと思い
冬眠に入ろうかとおもったが、もう1つ「宗像四塚縦走」があるのを思い出し
自宅から少し遠いが、車でいけば一時間足らずで登山口まで行ける
11月14日 なんと5年ぶりの「秋の黄砂」の日、出かけてみた001.gif

6:50 駐車場 到着
まだ少し薄暗い しかし駐車場は車がいっぱい
こんな状況は初めてでびっくり 何かイベントでもあるのかな?っと思う
いつものごとく、トイレで用を済ませ、準備運動
っと、しばらくすると、車の主達が下山してきた
f0036700_11245046.jpg

会話をしているのを、聞くとなくきくと
どうやら「ラジオ体操」を頂上でやってきたようである
その人いわく、365日雨の日も、雪の日もかかさず「生」のラジオ体操をやっているそうな
その「生」ってゆう表現に微笑してしまったが、
時間的には生でしょうが、絶対生放送ではありません、録音だとおもうんですけど・・・
f0036700_11251025.jpg
7:00 そんな、いつもと違う雰囲気を感じつつ、登山口より「レッツゴー」
いきなり急な階段をすすむ 息が弾む いい準備運動

(この時点でやはりいやな予感がしてたのか、
この日の縦走は後で記述するがいろんなハプニングありました)


7:25 城山 到着
なんだか、途中に残りの距離の表示看板があったりして(これも帰りの災いの元)
「山頂」とゆうより公園の歩道の頂上って感じです
f0036700_1125591.jpg

これから縦走する、金山・孔大寺山・湯川山が「黄砂」にかすんで微かに見える
f0036700_1126102.jpg

7:50 石峠 到着
急な下りを、ロープつたいに下ってきた
f0036700_11263911.jpg

8:00 南金山 到着
やはりこの日は黄砂で眺望よくありません
途中少し枯れて黒くなった「ツチアケビ」をはじめてみた
ほんとアケビそっくりで食べれそうでした
f0036700_11264656.jpg

縦走路はこんな感じで、眺望は望めないが、気持ちのいい道がつづく
でも、こんな平坦なところは全体の1割ぐらいしかなく
上りか、下りの足にこたえる、いいトレーニングコースって感じです
f0036700_1127511.jpg

8:10 北金山 到着
孔大寺山が望める 休憩後、早々出発
f0036700_11271282.jpg

途中の「竹林」と「杉林」が混在する場所をすぎる
手入れしないと、そのうち「竹林」のほうが勝ってくるんでしょうね
f0036700_11272023.jpg

8:40 地蔵峠 到着
ここまで誰にもあいませんでした、縦走する人少ないのかな
f0036700_11272933.jpg

急斜を下ったってことは、急な斜面を上がるってこと きつい
でも、すこし平坦なところにある倒木 まるでオブジェみたい
f0036700_1127364.jpg

9:20 孔大寺山 到着
ここまでの上りが結構つらかったです

ゆっくりすごしていると、なにやら人が来る気配
「トレイルランニング」している方が来た(今日はじめての人)
城山から1時間30分で走ってきたそうです(さすがに早い)
f0036700_11274445.jpg

眺望はまったく望めませんが、お腹すいてきたので
いつもの「おにぎり」をいただく 
今日はスパムおにぎりならぬ「魚肉ソーセージおにぎり」
本当はスパムなんでしょうが、冷蔵庫にスパムなかったもんで・・
f0036700_11275014.jpg

冷えてきたので早々出発
途中にどんぐりいっぱ落ちていた(名前わかりません)
f0036700_11275753.jpg

10:10 垂見峠 到着
f0036700_1128418.jpg

小さな地蔵の祠があり首?頭?がないお地蔵さんいた
こちらのほうを「垂見峠」じゃなくて「地蔵峠」にしたらいいのに
f0036700_11281163.jpg

またまた、のぼり どんぐりがさらにいっぱい
途中で、こんどは「マウンテンバイク」の6人ぐらいの集団と遭遇
下りを結構なスピードできた
先頭の一台が後続に声かけてくれたので、自分が通過するまで、待機しててくれてた
いろんな趣味の人達がいますが、ご苦労なことです
でも、下りだけじゃ、楽でいいでしょうけど(笑) 
f0036700_11281998.jpg

そんなこんなで、電波関係のいろんな建築物横をとおって
頂上近くの、草原に到着(パラグライダーの発進場)
f0036700_11282613.jpg

11:00 湯川山 到着
さすがにアップダウンの連続で、時間以上につかれました
先客がいるらしのですが、なぜかバックだけおいてあり見えない
f0036700_11283573.jpg

11:25 林道の登山口到着(ここでハプニング)
ごらんのような全景写真を撮ろうと思い、後退したため
下りの入口がわからず(気がつかず)この舗装道路を進んでしまった
f0036700_1128438.jpg

行けど行けども、事前に調べていた「お寺」さんに着かない
おかしいな~?っと思っていると
「玄海ロイヤルホテル」が見えてきた
こりゃ完璧に間違えました007.gif
昼間で、人家のある地域なので、大事(遭難)にならなかったが
なんたる不覚 いままでこんなことなかったんですが・・・
f0036700_11285370.jpg

11:50 荒樫バス停 到着
黄砂もすこしは晴れてすっきりした天気になってきた
f0036700_1129083.jpg

しかし、何処で間違えたのか納得がいかない
目の前にある自販機で「コーラ」を買い、一気飲みし糖分補給 リフレシュ
まだ昼で時間あるし、実況検分したくなってきた
f0036700_1129779.jpg

12:00 元末バス停 本来ここに来る予定
f0036700_11291628.jpg

非常にのどかな風景の中 湯川山を望む
f0036700_1491327.jpg

12:10 承福寺 到着
おトイレをお借りした
f0036700_11292266.jpg

本来の登山口である ちゃんと有る
ここから何処へつながっているのか、上ってみる
f0036700_11292918.jpg

のぼって5分
ポンッって、ちゃんと舗装道路の登山口に出た
f0036700_11293663.jpg

上の現地の写真の左側の ガードレールが切れている場所がここ
何故?この場所がわからなかったのか不思議である
普通に降りてくれば、目線に入るはずである
降り口の側溝の水溜りに「どじょう」がいてそれに気をとられて降りたからでしょう
人が道に迷う時とはそんなものである

人生何事も勉強 いい教訓になりました

さてこれから、どうしよう
当然、来た道をピストンで引き返す

ここまで「4時間半」かかっている
今12:20だから、17:00には駐車場に着くかな?
結構厳しいタイムである 着くころには暗くなるかも!
気合入れなおして 再出発(でも、これの判断もまずかった)
この顛末は 次回に報告008.gif
[PR]
by k1966k | 2010-11-17 12:02 | 山歩き

雷山~脊振山 縦走

11月7日 5:00 携帯の目覚ましで起きる
寝袋から起きて床に足をつて、しっかり力を入れる
大丈夫!昨日の疲れはそれほど無い
小屋の外に出てみる まだ暗い 星空が綺麗
ってことは、天気は良さそうだ

バーナーでお湯沸かし、コーヒーを飲む頃には、気合も入ってきた
縦走路を戻って「ハリヤ・ポッター」を迎えにいこう
そうきめたら、なぜか?楽しくなってきた058.gif
初めての「脊振山系西東縦走」である しかも目的がある

そうそうに「インスタントラーメン」と「御飯」の朝食を済ませて準備

6:45 小屋を綺麗にしてお礼をいって出発
できるなら雷山山頂で御来光を拝みたい
f0036700_14284937.jpg

7:15 雷山山頂 到着
朝一番からの直上りはきつい 朝日が真横から差している
御来光には、間に合わなかった
f0036700_14301860.jpg

太陽がまぶしい いい天気になりそうだ
f0036700_14303158.jpg

尾根ずたいの縦走路を進む
1つ目のピークより雷山方向を振り返る
しかし、笹に朝露があり、下半身びしょ濡れである しかも冷たい
f0036700_14303752.jpg

8:25 井原山 到着
当然 誰もいない 日が少しだけ高くなってきた
f0036700_1430466.jpg

雷山方面 朝日を浴びて「茜色」である
自分の影もまだ長い
f0036700_14305656.jpg

気温8℃ そこまで寒くはないがやはり濡れたところは冷たい
早々、下だけどもレインウエアー着ればよかたんでしょうが・・・
f0036700_1431636.jpg

9:45 三瀬峠 到着 
井原山からはずーうっと下りである
途中、中年女性2人に合う
「早いですね」って声かけられたが。そちらこそ早いとおもったが・・・

濡れた身だりをととのえて 10:00出発
f0036700_14311427.jpg

10:20 三瀬山 到着
今日の行程で、三瀬峠から金山のあたりが一番きついと思っている
逆で歩いているときには、下りで楽な区間である
とゆうことは、一番きつい区間とゆうことである
f0036700_14311964.jpg

11:40 金山 到着
やはりきつかった 最後の30分ぐらいの上りは「ヒーコラ・ヒーコラ」状態
標準タイムよりだいぶかかっている 11時過ぎには着きたかったのだが
お腹がすいてきたが、今回急に泊まりの予定にして出たのでに
食料があんまりなく、「おにぎり」なし 
菓子パンとソーセージの昼食を済ませる
f0036700_14312729.jpg

12:00 金山 出発
これからの縦走路は、樹林帯がしばらく続き、逆光の紅葉がまぶしい
f0036700_14313634.jpg

稜線の、見晴らしのいい場所からの眺め
大分・熊本などの、もっと雄大な紅葉に比べたら少ないが
脊振山系の紅葉もすてたもんじゃないですな
f0036700_14314367.jpg

これからすすむ「脊振山」が見えてきた
f0036700_14315341.jpg

13:50 「鬼ケ鼻岩」の下を望む
先週より綺麗に色着いている
f0036700_14315828.jpg

14:10 椎原峠 ようやく到着
ここまで来ると、なんだか先が見えてきた

今日は天気が良いせいか、人も多くていろんな人にも合う
ジャッケトと普通のスラックスにスニーカーとゆういでたちで
トートーバック下げてきた中年の男の人にはビックリ!でした
f0036700_1432676.jpg

ここからは、ピークも無く 平坦な縦走路をゆっくり秋を堪能

舗装道路にでるところにある「気象庁」のレーダーに寄ってみた
いままで寄ったことがなかったので、どんなんか気にはなっていた
f0036700_14321573.jpg

ここからの眺めもよい 脊振山より良いのではないでしょうか
歩いてきた、「金山」方面
f0036700_14322073.jpg

西日を浴びて茜色の山肌に浮かぶ、グリーンのレーダードーム
f0036700_14323167.jpg

15:40 「ハリア・ポッター」が待つ駐車場に到着
だいぶ日がかげってきて影も長くなってきた
本来なら、脊振山頂のお宮へ、お礼の参拝したいところだが、
駐車場からも少し登る 失礼してここから手を合わして合掌
f0036700_14323762.jpg

なんとか、無事につきました
感じは、最後の椎原からの縦走路にピークがなく
復路のほうがやさしいと感じましたが
タイム的に帰りのほうが1時間ぐらい多くかかっている
疲れた体と、気象庁レーダーの立ち寄り考えるとこんなもんですかね

それと、往復すると、行きの時きつい難所だと思うところが
帰りではそうでもなく、逆に行きがきつくなくても帰りきつい場所があったりして
そう考えると、往復のピストン縦走のそんなに悪くなかったりして・・001.gif

これくらいの体力あったら、本格的な「大分」「熊本」等の
ちゃんとした山も歩けるかな~?
でも、寒くなってくるから、来春から挑戦だー017.gif
[PR]
by k1966k | 2010-11-12 16:03 | 山歩き

脊振山~雷山 縦走

またまたやってまし、脊振山縦走
先週の土日に雷山までの計画でしたが、
途中、雨が降ってき、金山でエスケープ
今週は天気も良さそうですし、秋本番の紅葉を楽しみつつ
一気縦走で、いっぺんに脊振山系を満喫しようと思ってます058.gif

っで、先週の反省点をふまえて
どうも、自宅からのアプローチでは、時間的に体力的に
難しそうなので、不本意ではありますが、「ハリア・ポッター君」の出番
脊振山頂の駐車場まで車で行き、縦走し雷山登山口のバスで帰宅して
翌日、歩いて「ハリア・ポッター」君を迎えに行く段取り

っで、その予定でしたが・・・
朝、前日の「ボーリング大会」のおかげで、少し寝坊し
出発が遅れ、8:30家出発
おそらくこの時間では、雷山バス亭の4:10発には間に合わない
じゃ、雷山の小屋に泊まり、朝早く迎えに行く計画変更
ある意味、また暖炉でヌクヌクできるのかと、楽しみも増えた016.gif


9;20 脊振山駐車場 到着
「ミサイル」君と記念撮影
f0036700_11384261.jpg

9:30 脊振山山頂
何度かきているが、こんなに天気が良く、見晴らしいいのは初めてである
まだ、福岡市内は「朝霧」の中
f0036700_11385242.jpg

こちらは、これから歩く雷山方向
気象庁のレーダードームが手前に見える
山々もいい色かげんである
f0036700_1139228.jpg

ポチポチ歩きだし、ペースがのってくるころ現れる
何度か来ているが、いつも不思議に思う地点
白い砂状の大地!なんてゆう所なんだろう?
f0036700_11391124.jpg

朝の日を浴びて綺麗です 笹とのコントラストがすばらしい
(本当はもっと綺麗でしたが、腕が悪いのかいまいちですかな・・)
f0036700_11392176.jpg

途中、椎原峠で20人ぐらいの団体さんの合う
話聞くと、東京からの登山旅行者とのこと
北九州方面の3つ山(聞いたが忘れた)をのぼって、脊振山が最後の目的地
優雅ですね~って話したら、いつか関東の山にもいらしてくださいって
そうですね、いつかは日本アルプスなんかいってみたいですな~(笑)

10:40 鬼ケ鼻岩 到着
ここまで、気になる人物が一人
30歳ぐらいの男の人と、抜きつ抜かれつで歩く
f0036700_11392922.jpg

11:15 矢筈峠 到着
金山までの大体中間点 バック下ろし少し行動食を食し、休憩
f0036700_11393975.jpg

ここからは、ピークがすこしあるが気持ちいい樹林帯
さすがに秋本番 落ち葉の道で気持ちよくすすむ
f0036700_1139486.jpg

12:15 金山 到着
先ほどの男の人は先に到着しており お湯沸かしてカップラーメンで食事中
とゆうことは、自分より15分くらいは早い、いい足してます
せっかくなので、挨拶をしてお話をしてみると、まだ2回目の金山だそうです
食べ終わったら、また来た道を戻るそうです
そうなんですよね。車で来ると戻らないといけない、自分もそれが嫌なんです
f0036700_11395851.jpg

っで、自分も御飯 毎度おなじみの「おにぎり」
今回はサッカーボール状態 海苔が少なかった(涙)
f0036700_1140618.jpg

13:40 三瀬峠 到着
金山頂上でも人多かったが、車も多い
f0036700_11401394.jpg

15:25 井原山 到着
途中 初老の夫婦の方とすれ違ったがそれ以外は人と合わず
当然、こんな時間に頂上に人いません
f0036700_11402093.jpg

気温16℃ そんなに寒くありません
f0036700_11402878.jpg

途中「リンドウ」?発見
あんまり花の写真撮ったことないので上手く写ってない
f0036700_11403694.jpg

16:50 雷山 到着
やっぱり、途中誰にもあいませんでした(あたりまえか)
でも、山頂に近づくと人の声が (一瞬幻聴?)
この時間に、青竹を杖に男子が4人登ってきた
聞くと「九大」生とのこと 急に思い立ってきたとのこと
すごく疲れたといっているが、自分もつかれた 少し休憩008.gif

傍らで、若者らが無邪気にはしゃいでいる
「トップオブ・ザ・マウンテン」といって岩の上でポーズしたり
「雷山山頂なう」ツイッター してみたらと一人言うと
「え、電波入らん」「オレのは入る・・」のん気なこといってる
f0036700_11404355.jpg

そのうち「羽金山」に日が沈みかけてきた
若人もしばし見とれて「オー沈んでくよ」って

でも、おいおい帰りすぐ暗くなるけど大丈夫?こっちが心配になってきた
「帰り下の祠の左いって、舗装道路で帰ったら」って声かけたら
「ありがとうございます」って、「自分達その道できましたから」って
ちゃんと帰れたかな?ニュースになってないようだから大丈夫だったかな
f0036700_11405050.jpg

っで、自分も17:30 小屋に到着
少し薄暗くなってきた、バッグ下ろしすぐ「薪」集め
山の中、いくらでも集められる それと直ぐ下の水場へ水汲み

今回は自前の「薪」ですから、遠慮せずにがんがん火を起こす
そしてビールを「プシュ」 一人健康に乾杯
鉄鍋でチキンとウインナーのグリル(塩味のみ)を肴に
ビール500ml2本と焼酎350ml(お湯割り)を五臓六腑に行き渡らせる
〆に、大盛りカレーを流しこむ
f0036700_11405761.jpg

お酒に酔い、ゆらめく炎に酔い、明日どうしようか思案
バスで帰っても、自宅から5時間歩く
だった、このまま引き返し縦走してもいい
ただ、西から東の縦走は脊振山系3日間一気縦走にとって置きたい

酔っ払って考えたって、堂々巡り、それに眠くなってきた
目覚ましだけセットして、起きてみて、体と気力に相談して朝決断しようと思う

っで、次の日どうしたかは?次回にアップ001.gif
[PR]
by k1966k | 2010-11-10 12:04 | 山歩き

グッデイで買い物

昨日の「二丈岳」の山歩きの帰り
「グッデイ」に寄ってお買い物

最近寒くなってきて、必要性を感じてきたもの
それは、これ↓
f0036700_17394514.jpg

作業用手袋
登山用じゃないところがオシャレでしょ
こおゆう物は、機能本位で選ぶのがいい
作業用だけに、丈夫で安い!(安いのが一番の理由かな)

これ以外にも最近「グッデイ」に行くと欲しいものがあって
それは「林業作業用地下足袋」
それもすごく欲しかったんですが、今回は辞めときました
遍路とか、山とか行くと、時々見かける「地下足袋」
自分も是非それで挑戦したいんですけど
まだ、足の裏が出来上がってないから、もうしばらく辛抱です007.gif


っで、話全然変わりまして
11月5日 博多駅町内会「ボーリング大会」に参加してきました
年一回のこの日だけボーリング
f0036700_17395887.jpg

っで、結果は「110・93」ゴルフだったら、凹むスコアーでしょ
ボーリングでもいっしょか!
80人ぐらいの参加者で「53位」
どう006.gif
本当は土曜日からの山歩きに備えて、自嘲して投げたんですよ
で、その話はまたこの次に報告です
[PR]
by k1966k | 2010-11-09 17:58 | つぶやき

「B-6君」 火入れ式

山小屋の暖炉の炎で、人間が本来持っている
本能を刺激せれてしっまたのか
ネット・ブログ等を検索してるとき
ちょくちょくみかけて、気になっている物がある

「ポッチ」っとしてみた

早速届いた物、それはこれ
笑’s焚き火グリル「B-6君」プレート付
f0036700_15553819.jpg

ローインパクトに焚き火ができて、しかもおりたたむとまさに「B6」サイズ
なんと、ふざけたネーミング(まさに笑い)003.gif
「焚き火」好きの街工場の方が趣味が高じて、こだわりもって造りだされた物
山歩きとかに持って行くのに、かさばらないところがまたいい
f0036700_163364.jpg

この日は、ゴルフが終わり近くの翌日「三国山」に登る予定でいたので
登山口近くにテント泊し、さっそく、火入れ式
f0036700_15554585.jpg

外観はこんな感じですごくかわいい
f0036700_15555562.jpg

「焚き火」といれば「薪」が必要
手足で割るわけにもいかないので、こんな物も購入
f0036700_1556298.jpg

っで、着火(パチパチ)072.gif
さすが、専用焚き火台 思いのほかよく燃えてます
f0036700_15561046.jpg

っで、ベースキャンプの夜はこんな感じでふけていきます
f0036700_15561985.jpg

夕食は、いつもの「焼き肉」
すこし炎が強よく見えて、肉大丈夫って思うでしょうが、いい感じで焼けました
f0036700_15562633.jpg

多少熱で変形しましたが、いい感じの色になりました
f0036700_15563322.jpg

翌日、本来の目的の山歩きは
雨は降っていなかったんですが、今にも降り出しそうだったんで
雨の日は基本的に歩かないもんで、即中止
f0036700_15564217.jpg

でも、いいもの見つけました
これからは、リュックに入れて時間みつけて「焚き火」しょーっと001.gif
[PR]
by k1966k | 2010-10-28 16:46 | 山歩き