猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

日日是好日

ここ最近は、週末のたびに天気がぐずつき057.gif
「登山者」・「ゴルファー」の方々から、嘆きの声が聞こえてるような・・・
そうゆう私も、毎週のように週末の天気を気にしている一人なんですが
またまた、今週もダメそうですね007.gif

でも、こればっかりはしょうがない
山が無くなるわけじゃあるまいし、ましてやゴルフができなくなることもないでしょうから
「日日是好日」って気持ちで、あんなり気にしてもしょうがない
雨が降ったら、それなりの楽しみを見つければいいだけのこと

っで、それなりの楽しみ
最近 ちょこちょこ飲む機会があり、それのアップでもしてみたい
(ってゆうか、山・ゴルフに行けなくてネタがないもんで042.gif

先週末(10/28)に仕事関係で、2・3ヶ月ごとに集まっている懇親会の
メンバーが会社退職されて金沢に帰郷されとゆうことで、送別会

ちょっと早く会場についたので、ちょっと寄り道
冷泉公園で開催されていた「福岡オクトーバーフェスタ」
ドイツのビール祭りを真似て開催されているよう
ジョッキをデポジットして、ビールをいただく
f0036700_1543523.jpg

こんな「木製のメリーゴーランド」あったりして、雰囲気はあります
f0036700_1544018.jpg

仮設テント内は舞台があり、音楽なんぞも演奏されてました
(でも、すっごくうるさくて、隣の人との会話ができないくらい)
f0036700_1544745.jpg

ドイツといえば、ウインナーとポテト?
f0036700_15441885.jpg

乾杯!(1リッター入るジョッキ)
とにかく訳わからいタイミングで、乾杯を強要される
f0036700_15442599.jpg

こちらは、本来の目的のおみせ「よこちょう」
こだわりの「和食」を出されているお店です(たぶん)
f0036700_15442876.jpg

こんな古い建物の中の3階に入ってます
冷泉公園のすぐ隣に建ってます
f0036700_15443972.jpg

参加メンバー
まだ全員そろってませんが、自分はすでにいい気分

スタートがフライングして、だいぶ酩酊してしまい
どんな物食べたか、どんな会話したか、ほとんど覚えてない
f0036700_15444273.jpg

「中洲のネオン」の写真は撮ったようだが、帰宅の記憶がありませ
こんな状況が、最近特にひどくなったきて、外で飲むのが不安014.gif・・・
f0036700_15445083.jpg


こちらは11/2に、前仕事をした人と「葱鮪屋」へ
以前も行ったことことがあり、おでんが美味しいお店
寒い季節になり、またまたいってみたいなと思っていたら
ナイスタイミングでお誘いの電話、二つ返事で出かける
f0036700_15445791.jpg

「ねぎまや」と読む
城南区役所の近く
f0036700_1545481.jpg

大きな銅鍋で美味しく「おでん」が炊けている
f0036700_15451412.jpg

こちらが看板メニューの「葱鮪」
濃い色は静岡風
f0036700_15452171.jpg

はじめて飲む芋焼酎「莫祢氏」
最近いろんな種類のお酒がでていてよくわけわからんですが
美味しかったです(たぶん)
f0036700_15452454.jpg

このあと「日本酒」をいただいて、またまた撃沈
当然のように、帰りのことはが記憶に無い

今度の週末も、天気も悪そうだし
今夜も風にふかれてふらふらと、記憶喪失へと出かけてみようかな041.gif
[PR]
# by k1966k | 2011-11-04 18:30 |

鹿北ゴルフ 開場記念杯

最近は、「ゴルフ」のほうは、御無沙汰しておりますが
マイコース「鹿北ゴルフ倶楽部」の一様会員でありまして・・・
10月22日(土)せっかくなので年に一度の、
お祭りのみたいな「開場記念杯」に参加してみた024.gif

毎年使いまわしの「看板」今年もデジャブーのように登場です072.gif
けっして、私が去年の写真の使いまわしているわけではありませんから!
f0036700_14544166.jpg

そしてこちらも去年同様、倉庫においてあるような状態の賞品
もうすかし、華やかに飾ってみたらと思うんですが
f0036700_14544895.jpg

っで、これが一番欲しい商品 でも「150位」とはなんだか難しい順位
いくらダブルペリアとはいえ、3桁ぐらいと叩かないと無理なんじゃないかな026.gif
f0036700_14545368.jpg

当日の天気は曇り 雨は降らずにまあまあの天気
すこしコースの木々も色着いてきてます
f0036700_1454581.jpg

こんな輩も6番グリーンに登場
キャデイのように、芝目を読んでくれてます041.gif
f0036700_1455426.jpg

前半は、アウトスタートで、1番ダボ、2番ダボ 3番ダボ スタートで「45」
やっぱりやってないと、ドライバーとかの長いのは遜色ないですが、
グリーンまわり(30y~70y)とパットが、ダメですね042.gif

後半は、10番いきなりチップイン「バディー」スタート
途中12番で5パットのトリプルがあったりしたんですが
17・18番連続「バディー」で、終わってみたら「40」
トータル「85」でした月一ゴルファーで、気合も入っていないならこんなもんでしょう

結果は、入賞も飛賞もなんにもありませんでした
これが、今年の「参加賞」(ボールマーカーかな)
去年のタオルより良いかもです
f0036700_14551328.jpg

そしてこちらは最近届いたHCの通知
なぜか?「9.8」ん!微妙な数値
どうゆう仕組みで、HC決まるのかよくわかりませんが
でも、一様「シングル」ってことでよろしでしょうか040.gif
f0036700_14552158.jpg

最近いつも御一緒させていただく方との、楽しいゴルフができました
ゴルフは、「山歩き」とはまたちがう楽しみがあります
でも、あんまりHC上がらないようにしないとなー015.gif

さーて、今週の天気はどうかな?
山になるか、ゴルフにするか どっちになるかな039.gif
[PR]
# by k1966k | 2011-10-28 18:00 | ゴルフ

九重山系 紅葉観賞

秋本番 あちこちから紅葉の便りが聞こえてきて
いろんな方々がブログ等にUPされてるようですが
私も、最近「九重山系」にも行くようになり、一度も行ったことが無い
うわさの「大船山」の紅葉を見てみたいと思い、出かけてみた

事前の天気予報では土・日曜日はあいにくの天気
家でのんびり、山の道具の手入れでもしようかと思っていたら
10月15日(土) 朝起きてみると、山は曇りの予報だが、日曜日は良さそう
急遽準備して、12時過ぎに自宅を出発


14:45 大曲駐車場 到着
久住に近くなると案の定、雨・曇り状態
今日は、坊がつるまで移動だけ、一番 最短距離である大曲の駐車場から出発
f0036700_15125885.jpg

15:40 すがもり越 到着
雨は降ってませんが、ごらんのとうりガス充満
途中、すれ違った方の話によると、午前中少し晴れ間はあったよう
f0036700_1513975.jpg

北千里を過ぎ、坊がつるが見えてきました
こんな天気なのに、テントが数個見える みなさんすきですね
f0036700_15131257.jpg

16:10 法華院 到着
テント場に直行せず、まずは温泉に直行
やっぱり最高ですね~~
冷えた体にきくーー って感じ
f0036700_15132581.jpg

温泉から出てみると、外は雨が降り始めいた
しばし、談話室にて、プシュと雨宿り
自分で担いできたビール2本でいい気分
f0036700_15133693.jpg

雨は上がり、テント場まで歩く
この近くもすでに色着き初めていて、風呂上りのほろ酔い気分の
おやじと同じように少しピンク色(紅葉に失礼かな)
f0036700_15135365.jpg

この日は急遽出てきた為に、特別な伺候なし
ここの雰囲気だけを肴に、焼酎のお湯割りをいただく
そのうち、自然と眠くなる 寝るしかない夜

夜中にものすごい「風」にたたき起こされた
そうゆえば「暴風警報」がでていたっけ
そう思っても後のまつり しばらく様子をうかがっていたが
このおもり(体重)で、飛ばされることないだろうが
落ち着いて 寝ていられそうにない
ノコノコ這い出し、ペグと引き綱でテント固定 
朝まで風は強かったが、それも上の空のように いつの間にか寝る

そんな一波乱あった夜がうそのよな朝
中岳に日がさす 
f0036700_15135627.jpg

三俣山にも日がさす
彼らにしてみたら只そこに居るだけでしょうが、訪れたは自分はこれだけでうれしい
f0036700_1514750.jpg

で、コーヒーでも飲もうとバーナーに圧力かけると、カスカスで圧がかからない
こんなもんである 緊張してない行動は、ようようにしてこんなものである

しょうがないので、昼ごはんように残しておいた、冷たいおにぎりで朝ご飯
その分早めに、7:15 大船山へ 出発


段原 到着
f0036700_15141145.jpg

8:15 大船山 到着 すでに何人か居らしゃる
昨夜の残党の風が強い 汗をかいた体には冷たい
f0036700_15142153.jpg

早速、お目当ての「御池」へ降りていく
はじめ対面 うわさどうりで美しい
f0036700_15142588.jpg

湖面へと降りていく
すでに2人ほど陣取って撮影中
話かけてみると「毎年来ているが、今年はいまいち」らしい
自分は比較するものがないので、これで充分綺麗とおもうが
f0036700_15143365.jpg

8:35 しばらくウロウロしていたが
だんだん人も多くなってきて、下山開始

さすがに登ってくる人が、行列をなしてくる
昨日天気が悪くて、今日みなさん集中したんでしょうか?

すれ違う方々に「綺麗でしたか?」質問攻め
最初は、上記のように「いまいちらしい」と話していたが
せっかく険しい顔して登ってらしゃる方に気の毒なので
すごく綺麗ですばらしいと言ってあげると、パット明るい表情になり
精気がみなぎったようで、がんばって上がっていかれる

っと、そこは夏に出会った「犬」遭遇
飼い主も方も覚えていらしゃり、励まして分かれる
f0036700_15144137.jpg

こんな「犬」もがんばって登ってきた
こんなこと言っては失礼かもしれないが、飼い主のエゴである
とても、鼻が上向いている子には、あの岩場は無理と思う(抱いて登るのか?)
f0036700_15144787.jpg

黒い土と紅葉
f0036700_15145433.jpg

9:35 マイホーム 到着
日差しで夜露かわいてます
さすがに、お腹がすいてきた 非常用のクラッカー食べる
f0036700_1515586.jpg

10:20 坊がつる 出発
f0036700_1515963.jpg

この花の名前はわかる「リンドウ」である
f0036700_15151996.jpg

大船山で、お話きいた写真家さんが三俣山の紅葉も
綺麗との話を聞いて、行ってみることに
f0036700_15152342.jpg

以前西峰には行ったことがあり、今回一番最先端まで足をのばす
「オー」これまたすばらしい 坊がつるが真下に見える
f0036700_15153496.jpg

南峰の北面
f0036700_15154110.jpg

大鍋
f0036700_15154874.jpg

小鍋
f0036700_15155220.jpg

えのぐパレット
f0036700_15155936.jpg

下手な言葉で表現するより、写真だけにします
でも、コンデジですので、あまり綺麗じゃありません
(もっと綺麗なのは他の方のをみてください)

さすがは人気スポット 大勢の人でにぎわっている
f0036700_15161050.jpg

気温10℃
f0036700_15161897.jpg

13:05 大曲駐車場 到着
分かりにくいかとおもいますが、道路の両脇に車がびっしり
f0036700_15162650.jpg

自分の中では、東北の「鳴子渓谷」の紅葉がいままで一番で
九州の紅葉は、大したことないなってつねずね思っていましたが

ところが、なかなか捨てたもんじゃないよ「九重紅葉」
またまたいい勉強しました 何事も体験しなくちゃですね

さあ。今度は何処行こうかな
あっ、今週は山に芝刈りだ(開場記念)
クラブも最近にぎってないから、練習しなきゃ005.gif
[PR]
# by k1966k | 2011-10-19 19:00 | 山歩き

十坊山~背振山~基山 縦走③

10月10日(体育の日) 縦走3日目 4:00起床
「福岡山の会」さん達が、5時過ぎには出発されるとゆことで
4時ぐらいからゴソゴソ・ひそひそ準備やってまして
同じ東屋に居るもんですから、こっちまで目が覚めちゃいました
そんなこんなで三日間の中で一番早起な日でした

6:00 きれいに掃除をして出発です
f0036700_1472278.jpg

この日の福岡地方の日の出は、6:18 です
背振山頂上で御来光おがみたかったんですが、ちょっと間に合いませんでした

今回の縦走で課題が発見できたんですが、朝の準備に時間がかかりすぎてますね
1時間半はかかってます。起きてから1時間で食事とかたずけ済ませたい
f0036700_1473267.jpg

安全祈願のお参りと、この場所では初めての記念写真です
6:30 頂上 出発
f0036700_1474151.jpg

朝日につつまれる自衛隊の装甲車 カッコイー
f0036700_1475064.jpg

駐車場から、縦走路に取り付きしばらくいくと
「木道」が現れ 気持ちよく進む
三日目が一番調子がよっかたです この先
蛤だけまでは小さなピークがありますが、基本的に平坦な道
「下り大臣」の本領発揮して、4km/hぐらいのペースで進む
※「下り大臣」=上り番長に対抗して下りが早いことでHO氏命名
f0036700_1475790.jpg

ヒェーエーいきなり恐ろしいことにねってます 林道の新設工事です
自然破壊もいいとこです 必要あるんですかね?
f0036700_148621.jpg

7:45 蛤岳 到着
ここから先HO氏は始めてのルート
f0036700_1481524.jpg

しばらく休憩後 
8:20 蛤水道 到着 HO氏始めてで、キョロキョロ
f0036700_1482213.jpg

9:05 坂本峠 到着
ここで「会」方々においつきました(左隅の塊)
行動食を少し食べて、エネルギー充填
f0036700_1483334.jpg

しばらく舗装道路を進み
9;35 佐賀県側 坂本峠登り口 到着
f0036700_1484192.jpg

一山超える感じで
10:00 七曲峠 到着
f0036700_1484869.jpg

すぐ左手に進み、ここからの石段を上る
あとは「九千部山」までの登りを制するのみ
でも、大体の感じ知ってるだけに、気が滅入る
f0036700_1485712.jpg

三日目の、丁度中間地点 手前
この付近は「三領峠」までのずーっと登り地点で一番きつい
「上り番長」HO氏は、峠まで「先行逃げ切り」のぶっちぎりで上がる
ついていけません(汗)私は、チョコチョコ上り戦法で進む

途中、休憩されてる「会」の方々を追い越して行く
これ以降 会うことありませんでした
f0036700_149216.jpg

11:05 山領峠 到着
ようやく着いたって感じで、ヒーコラ状態でした
f0036700_1491133.jpg

それにくらべ彼は「どや!」って感じ
f0036700_1713881.jpg

少し休憩後 出発
ここから先は、気持ちいい広い道の縦走路です
もう少し季節がすすんでくれば、紅葉がきれいでしょうけど
今はまだ緑のトンネル状態 それでも気持ちいい
HO氏 楽しいのか スキップ歩き
f0036700_1492062.jpg

11:55 偽物頂上 到着
私は偽物しってるんですが、Ho氏偽物と気が付かず喜ぶのかなっと思っていたら
あっさりスルーして、先へすすんでいく 偽物とわかったみたい なんか面白くない
f0036700_1492935.jpg

12:00 九千部山 到着
天気もよくて、連休最終日でもあるからでしょう、人がたくさん
久しぶりに大勢の人にあって、人酔しそう
f0036700_1493719.jpg

ベンチに陣取り、今日の昼ごはん 初めてのアルファ米山菜おこわ 
凄く美味しかった! 三日目でさすが「おにぎり」は食べれないので
朝お水だけいれておいたんですけど、結構いけます
半分食べてHo氏にもおすそわけ
f0036700_1494551.jpg

12:30まで休憩して出発
13:30 大峠 到着 順調
f0036700_1743060.jpg

途中、若いカップルに遭遇したんですが、「九千部山」までいくとのこと
2時間くらいかかると教えたんですが、あぶなっかしい感じでしたが 無事付いたかな?

柿の原峠 手前の「天心園」の自動販売機にてコーラで一息
休憩していると園の方が、声をかけてこられて、おじゃましてますと挨拶して事情説明
軒先にこんな輩が突然出没して、どうもすみませんでした
でも、ゆっくりしていってとやさしくしてもらい うれしかったです ありがとうございました

蛤岳~基山 水場が少ないのでここで補給してもいいかもですね
f0036700_17422110.jpg

柿の原峠から最後の一山を越えて
最後は基山までの、ダラダラ舗装のぼり
15:55 基山 登り口 到着
f0036700_1410193.jpg

草原の登りをのぼって 着きました
16:30 基山 到着
f0036700_14104428.jpg

どこが頂上かわからなかったんですが、とりあえず 記念写真
f0036700_14102930.jpg

途中の修行の滝みたいなところで、体をふいて
18:00 JR原田駅 到着
キオスクもなく、コンビニも無く ビールで祝杯も挙げることもできずそれぞれ帰路につきました
f0036700_1410527.jpg

無事ゴールできました お疲れでした

最初は「Ho氏」と始めての二人旅 ペースが合うか心配でしたが
登りはひっぱてもらってりして、自分一人じゃこの時間じゃ無理だった思います
食物をわけたり、水をわけたりして、間接キッスみたいに同じコーラ飲んだりして
いろんな話したり、一人で制覇するより思い出深いものになったとおもいます
感謝・感謝です016.gif
「福岡山の会」さん達も無事ゴールされたんでしょうか?

さあー、疲れも取れたし、これから何処行こうかな?
屋久島!祖母・大崩山系! 山は無限にあるからなー 楽しみ∞大041.gif
[PR]
# by k1966k | 2011-10-14 18:22 | 山歩き

十坊山~背振山~基山 縦走②

10月9日 二日目 朝6:00起床
小屋の中の暖炉のせいか、寒くも無く快適な夜でした
縦走のためには、エネルギー(酒)補給・睡眠ばっちりじゃなといけません

7:20 軽く朝食をとり掃除をして、出発
二人とも、多少疲れはあるが、体調はすこぶるいい
でも、HO氏この気温(10℃ぐらい)で、Tシャツ一枚 異常体質です
f0036700_1817845.jpg

ん!山の稜線に3・4人の人影がみえる
HO氏いわく「確か、どこかの会の人達が同じルートを縦走すると
ネットにでていたので、その人達ではないですか」って
確かに、こんな朝早く、こんなところに居る人達は只者ではない
しかし、昨日の夜は何処に居たんだろう?少し疑問
f0036700_18172377.jpg

草原に出て見あげると「雷山」はガスがかかっている
f0036700_18171684.jpg

いつもの朝一番の登り いい準備運動
途中、男性一人に追いつき話を聞くと、やっぱり縦走されていとのこと

7:50 雷山 到着
霧の中に人影 先出の追い越した人の仲間の方 まってらっしゃる
f0036700_18173236.jpg

ガスの中の雷山
f0036700_18174548.jpg

雷山の先に樹林帯は、いつきても気持ちいい場所です
今日は、ガスがでて幻想的な雰囲気もまたいいですね
f0036700_181753100.jpg

9:10 井原山 到着
f0036700_1818040.jpg

今回は、相方がいるので、普段とらない記念写真を「パシャ!」
以前来たときに笹に夜露があり、下半身ビチョビチョになり
寒い思いをした教訓が生かされていますV

ここで雷山で一緒だった男性の方とまた一緒になり
(コースが一緒だから当然)いろんな話を聞くことができました

「福岡山の会」の方々で、6人で出発されて、昨日の夜は「長野峠」にビバーク
いろいろハプニングあって (詳しくは内緒です) 夜の9時に着いたとのこと
途中で追い越した方は、雷山でエスケープして この方はこれから追いつくのだとか

よし!先行しているのは4人 追いつこうと気合入れて出発
f0036700_181884.jpg

10:45 三瀬峠 到着
ここで先行3人においつきました(途中で男性1人には追いついてます)
早速 声を掛けると「福岡山の会」メンバーでした しかも山ガール(笑)
女性の方が先行していたとは おそるべし女性パワー!
追い越した男性人からの連絡事項を伝言し、私達も休憩
f0036700_18181542.jpg

11:05 出発 ここで「露用」パンツチェンジ
会の方々より先に出発
f0036700_18182210.jpg

ここからの登りはきつい 私は、前日の体調(足がつる)もあり登りは自嘲ぎみに進む
HO氏はさすがに若いだけあって、登りは強い どんどん登って行く
っで、名づけた「登り番長」これから先 登りになると先行して引っ張ってもらうこととなる

途中で、金山下の中山方面の分岐前で、水補給
以前、水量少なかったと思うんですが、パイプの仕込んでありたっぷり補給

12:50 金山 到着
二日目で、一番きつい区間はこの区間だとわかってましてが、やっぱいきついかった
f0036700_18183194.jpg

しばらくすると、「会」一人がランナーと登ってきた
朝、井原山近くですれ違ったランナーさん
とゆうことは、ランナーは雷山まで行って、ここまで来たってこと!
おそるべし「トレイルランニング」!(背負ってるもの違うけど)
その方は、その筋では有名な方らしく「会」の方も尊敬していて
一緒に走って登ってきたみたいです(どっやポーズ!)
f0036700_181838100.jpg

そこからは、「会」の方は縦走路、ランナーの方は三瀬峠へそれぞれいく
私は、「会」の女性の方のトレイルランニングの後を、ストーカーのように付いて進む

13:30 マムシ岩 到着
これから進む 背振山を望む
ここまで付いてきましたが、HO氏を待つことにし、「会ランナー」と別れる
f0036700_18184539.jpg

14:05 小爪峠 到着
さっきのトレイルランニングもどきでつかれました ヘロへロです
f0036700_1819059.jpg

そこからは、多少の登り下りがあるが、ほぼ平坦な縦走路
14:20 猟師岩 到着  もうヘロヘロの局地 
f0036700_18185266.jpg

15:10 鬼が鼻 到着
f0036700_18191128.jpg

いつもの岩下場所の、紅葉はまだまだ先ですね
f0036700_18191986.jpg

「登り番長」のHO氏、前日からの下りで足の筋を痛めたらしく
下りではペースが上がりません
f0036700_18192778.jpg

15:25 椎葉峠 到着
どこか横になりたくてウロウロと、「ドッンッ」っと横に崩れる瞬間
ここまでくればあと少し、休憩
f0036700_18193690.jpg

途中、唐人の舞の手前の草地から歩いてきたコースを振り返る
ここで、不覚にも「会」女性人に追いこされてしまった
f0036700_18194578.jpg

16.50 矢筈峠 通過
f0036700_18195584.jpg

ここまでの舗装道路をやっとこさのぼり
17:10 背振山下キャンプ場 到着

ここまでのルート中、本当は、暴露しちゃいけなんでしょうが
「会」の人達には、サポーター隊がなんと「ビール」補給してたです
さすがは、「福岡山の会」組織力あります しかも「エビスビール」
横目でみながら、1000円で分けて下ださいって言ったらあっさり拒否
f0036700_1820370.jpg

でも、自分達で担ぎ挙げたビールがあります
乾杯!!格別の味わいがあります
f0036700_18201024.jpg

またまた、楽しみの炎 ってゆうかファイヤー状態になってます
このため「B-6」君もってきたかいがありました(グリルプレートは要らなかった)
やっぱり炎いいですね 疲れが吹っ飛びます
心が癒されます
f0036700_2124575.jpg

この日は、栗名月が近く 月がきれいでした
f0036700_20535130.jpg

「会」の方は、他の方々をまって暗くなっての到着
いろいろお話ししたりして、同じ東屋の下でのビバーク状態
それぞれシートに包まり芋虫状態寝てます、私達はテント中へ

それぞれの、想いと夢と一緒に眠ります

三日目へと続く
[PR]
# by k1966k | 2011-10-13 21:10 | 山歩き

十坊山~脊振山~基山 縦走①

10月の三連休(10/8~10)
以前より、通しで歩いてみたかった「脊振山系」の縦走してみた
それぞれの山の区間は歩いてるんですが、繋いでみたらどうなんでしょう?

せっかく三日間も「山中」にいるわけですから、ただ歩くだけ
完走目的じゃつまらないと思うので、それ以外も楽しみもできるよう準備をしたら
余計な物が増えてすっごい重さになちゃいました(大丈夫かな・・・)

しかも、いつもは「単独行」なのですが、今回は同行者あり
いつもブログにコメントくれる「HOさん」が一緒に行きたいとゆうことなので
自分的には、初めての「二人旅」どうなりますか!

10月7日 22:00 福吉駅出発
最初は8日の朝一番に出発しようと思ったんですが、HO氏が前泊するとゆうので
自分もそれに同調し、ともに「十坊山」山頂にテント泊すべく福吉駅出発
そのほうが、1日目の距離が短くなり少し楽ですし・・・

ヘッドライトを装着して、登山口へ
f0036700_1724044.jpg

こんな時間に、山道を歩いているなんて初めてのことです
時々「イノシシ」の気配にドッキッとしなが、二人でテンポよく登る
f0036700_172573.jpg

24:00 十坊山 到着
何回か歩いたことある道なので、迷いもせづ無事 到着
ずーっと登りでつかれましたが、まだまだ余裕の表情(白い歯が闇夜に浮かんでます)
f0036700_173895.jpg

っで、さっそく楽しみの「ビール」
この分の荷物の重さも含めると、この時点では、25kg以上あったと思う
f0036700_1731879.jpg

朝 4時過ぎ 行者か、信仰宗教かの、念仏・呪文・奇声で起こされる
まだ暗いうちから、ご苦労さまですって半分寝ぼけ気分いたら
そのうち、自分達のテントの前で念仏となえはじめて
多分、彼はいつも定位置なんでしょう、今朝だけはいつもと違ったんでしょうか

そんなこんなで、これから向う「浮嶽」から日が登る
いい天気になりそう
f0036700_173261.jpg

撤収!
昨夜 寝たの25:30 寝不足ぎみ
f0036700_17115155.jpg

テントの傍らに「ミニモスラー」発見、踏み潰さなくてよっかた
f0036700_1733889.jpg

7:20 十坊山 出発 (ちょっと予定より、遅い)
f0036700_1734618.jpg

7:35 白木峠 到着
普段は朝一といえば、登りが定番なんでしょうが、急下りで一気にテンション上がる
f0036700_1735648.jpg

今度は反対の急峻な登りを上がり、一気に
9:00 浮嶽 到着 
やっぱりきつかった
f0036700_174556.jpg

祠下の「亀」さんに朝の挨拶
f0036700_1741227.jpg

はじめてきたHOさん景色に感動中
f0036700_1742519.jpg

途中の「白竜神社」にも立ち寄り
何の神様かしりませんが、とりあえず安全祈願
f0036700_1743358.jpg

まだ始まったばかりで、元気いっぱい
イノシシのように駆け下りる ウォオー
f0036700_1744294.jpg

途中から縦走コースをはずれて、水補給
あまり知られていませんが、何回か来ている時に発見した場所
今回の縦走中、何回か水補給しましたが、一番美味しい水でした(二人の意見)
f0036700_1745648.jpg

8:55 荒川峠 到着
さあーここからも一気の登り
f0036700_175334.jpg

10:30 女岳 到着
途中、トラブル いきなり足がつってしまった
まだスタートしたばかり、急にきた 時々つることがあるが前兆がありこんなこと初めて
これから先は長いのに不安 (やっぱり荷物が重いのか・・・)
f0036700_1751330.jpg

気温22℃ 暖かい 汗が吹き出るはずです
f0036700_1752115.jpg

11:40 荒木峠 到着
良いペースです 予定どうりです
初めて一緒に歩くHOさんも、最初ペースが合うか心配でしたが
なかなかしっかりした足取りで、着いてきてます
でも、本人いわく「最初ペース速くてどうなるかと思ってました」って
f0036700_1752985.jpg

っで、ここでいつもの「おにぎり」いただきます
中身は焼きサバだったかな?
f0036700_1753854.jpg

12:20 羽金山へ出発
f0036700_1754549.jpg

こうゆう表示をたよりにすすむ
以前はルートが不鮮明なコースでしたが、最近は踏後もしっかりあり
このような表示もあり、注意さえしていれば、迷うようなことはないと思います
f0036700_1755390.jpg

こんな場所が所々ある 防火帯でしょうか?
f0036700_176161.jpg

こんな物発見「アケビ」かな?小さい頃はよく食べました
チョット食べてみましたが、「ンー」懐かしい味(それ以外のコメントは控えます)
f0036700_176960.jpg

この間は、縦走中で一番メンタル的にやられます
同じような小さいピークをいくつも超え
似たような景色の、うす暗い植林帯の中を2時間近く進むんです
二人とも、一番精神的にまいった区間と共通認識です

14:25 うわさの「河童山」から羽金山の電波塔を見る
私は以前きて騙されたので来たく無かったんですが
HO氏が始めてなので、一様立ち寄ることに
やっぱり、騙されたとつぶやいてました
f0036700_1761761.jpg

河童山を過ぎると、羽金山まではもう少し
こんな感じのいい道を歩きます
f0036700_1762585.jpg

15:00 羽金山 電波塔入り口 到着
HOさん中入りますか?聞いたら
「ここ車でこれますのでいいです」ってあっさり 確かに車でも来れる
f0036700_1763232.jpg

フェンス横からさらに進む
f0036700_1764165.jpg

ちょこっと見えてきた、今日のゴール地点の「雷山」スキー場跡
まだまだ遠い
f0036700_1764827.jpg

16:30 長野峠 到着
さすがに疲れて、この先の道端で、横になって休憩 
これからの最後の登りに備える

ちなみに私達は利用してませんが、長野峠登山口の少し道路を下った地点に
水が補給できる沢があるらしいです
f0036700_1765741.jpg

本日の最後の登り
3日間の中で一番のきつい登りでした
疲れている上に藪こぎ状態の場所があり
リュックにからみつき進みにくい しかも日が傾はじめて気の焦りもある
私は足がまたまたピクピクつり始め、HO氏にだいぶ遅れて到着
登りきったとき、丁度「羽金山」にお太陽が沈む時でした
f0036700_177411.jpg

18:20 雷山小屋 到着
この後、急いで、水の補給と薪の補給をして、
「ビール」でお疲れの乾杯
f0036700_9454841.jpg

暖炉の炎を見ながら、あしたの予定などを話して「焼酎」へと進む
今日の反省のこと、人生・仕事のことなど いろんな話をしたはず・・・
酔いが廻ってあまり覚えてません
夜中に風が強くなって音がしたらしが、そんなことも気にせず深い眠りでした
 
二日目へと続く
[PR]
# by k1966k | 2011-10-12 19:00 | 山歩き

皿倉山~福智山 縦走

9月23日 秋分の日 ひさびさに「台風」の影響も無く、さわやかな秋晴れの日
皿倉山~福智山の縦走に出かけてみた

山地図を眺めていたら、この縦走路に気が付き、調べてみたら
いろいろ情報があり、面白そうなので、北九州まで遠征してみた

作戦としては、採銅所駅から、八幡駅まで電車で移動して
「ハリヤー・ポッター」を、迎えにいく予定

4:30 自宅を出て5:30 採銅所駅 到着
山合いの集落はまだ暗く この駅だけが煌々と明るい
f0036700_18305816.jpg

無人駅のホームがだんだん明るくなってきた
いい雰囲気である 天気もよさそうである
f0036700_1831667.jpg

西小倉で乗り換えて、八幡駅まで
途中の車内では、ちょっと場違いな「山男」って感じ
f0036700_18311592.jpg

6:45 八幡駅に到着
正面に見えている「皿倉山」をまっすぐめざす
住宅街を抜け、さっき車で通った高速道路の上を進む
f0036700_18311834.jpg

だんだん傾斜がきつくなり、とにかくまっすぐ進む
っと、何とか稲荷の到着 安全をお祈り(お賽銭無しでしたが大丈夫かな!)
f0036700_18312880.jpg

つずら折れの登りを、直登りの看板に触発されて、直にのぼる
剥きになって登れば、着いちゃいました(朝一番できつかった)
8.00 皿倉山 到着
f0036700_18314185.jpg

ちょっと観光気分で、展望台へ
こんな物があり、鍵にコメント書いてある
f0036700_18314829.jpg

こちらは北九州市内?
日本3大夜景の1つらしいです
今度は夜にでもきてみようかな(笑)
f0036700_18315285.jpg

皿倉山山頂はいろんな建物・アンテナがいっぱいあり「頂上」の印発見できず
いつの間にか、国見峠に着ちゃいました
f0036700_1832813.jpg

8:40 権現山 到着
f0036700_18321083.jpg

進行方向がわかりずらかったが、多分この神社の前をすすめば大丈夫と思いすすむ
f0036700_18322891.jpg

しばらく行くと、「九州自然歩道」の案内があり、綺麗に整備された路を行く
f0036700_1832318.jpg

けっして、斜めに写真撮ったわけではありません
こんな感じの右さがりの斜面の道を結構長い間進む
当然左足のほうが負担かかり、後から響いてきました
f0036700_18324887.jpg

9:15 市ノ瀬峠 到着
一般道に出たんですが、どっちに行けばよいかわからず、うろうろ
f0036700_1833172.jpg

左にすすむと、こんなところから上がります
f0036700_1833751.jpg

9:33 「建郷山」入り口通過
ちょっと先を急ぐので頂上には向いません
f0036700_1833198.jpg

9:37 田床峠 通過
119番通報プレートが設置してあり、これはいい考えと思う
自分の居場所が番号で連絡でき、迅速の救助ができますもんね
f0036700_18332844.jpg

10:00 双伍山 通過
またまた、頂上はパス
f0036700_18333775.jpg

最近、雨が多かったせいでしょうか、こんな綺麗なきのこがあっちこっちに
f0036700_18334582.jpg

これが「マツタケ」だったらいいのに
f0036700_18334896.jpg

しばらく進むとまたまた「双伍山」の案内 本当はどっち?なの
f0036700_1834224.jpg

ずーっと樹林帯の日の当たらない山道だったので
パット明るくなった日の当たる場所で一個目の「おにぎり」
やっぱり太陽の日差しはあたたかい
f0036700_18341094.jpg

10:54 観音越 到着
ここで靴の中に入った落ち葉の清掃 
それとさっきリュック降ろしておにぎり取った時、
どうも中身が移動したらしく、歩くとカタカタ音がしだした
観音越の音が一緒なのでこれも何かの縁かもしれません
f0036700_18444228.jpg

ほとんどアップダウンの無い道を快調に進み
11:20 田代分 到着
f0036700_18361385.jpg

ぱっと明るい場所
無残にも木々が切られている なんでだろうと?
上を見ると「高圧線」が走っている 危ないからなのでしょうね (一人納得)

この先で2人の縦走(逆)の方とすれ違う(男・女一人ずつ)
多分丁度中間点ぐらいなんでしょう
いろんな方とすれ違ったんですが、感じるものがあるんでしょうね
ピンとくるものがあり、お互いの検討をたたえあって分かれる
f0036700_18361624.jpg

12:04 豊前越(たぶん?)通過
いろんな、似たような場所過ぎたんで、なんだか混乱してます
f0036700_18362781.jpg

12:07 尺岳平 到着
頂上かと思い休憩しようと思ったんですが、右手をさらに進むのですと
よっぽどパスしようとおもったんですあが、せっかくなので行くことに 
f0036700_18363865.jpg

12:10 尺岳 到着
こんなかわいい「鳥居」がある
一瞬くぐろうかと思ったが、だぶん無理と判断
f0036700_18364638.jpg

っで、尺岳平に引き返すと、今日の「犬」遭遇 
ダムからきたっていってました 黒い色が暑そう
f0036700_18365984.jpg

二匹目の「犬」遭遇
こちらも暑そう
f0036700_1837398.jpg

ここら辺の縦走路は非常にすばらしく
明るく綺麗に整備された庭園みたいな樹林帯でした
前出の「犬」の飼い主の方も、わざわざここの区間だけを歩きにきたと言ってましたが
その気持ちがわかる気がします 紅葉の季節もいいでしょうね
f0036700_18371178.jpg

13:35 からす落
「落」って地名だから谷かと思ったら、ベンチがありました
なんで「烏落」なんでしょう?
f0036700_1837245.jpg

たぬき水 到着 縦走路 唯一の水場 冷たく、凄くおいしい
思わず「3Lプラテェパス」満タンにして、予備の水等も満タンにしちゃいました
f0036700_18372778.jpg

13;45 荒宿荘 到着
ぱっと見は綺麗なんですが、ちょっとくたびれている感じがします
f0036700_18373495.jpg

ここまできたら、あと少し 余裕がでてきました
さっきの美味しいお水でコーヒータイム
っが021.gif
なぜかコーヒーがリックに入っていない
しょうがないので、そのままお湯だけ飲むことに
f0036700_1837415.jpg

でも「おにぎり」は美味しかった
天気も良く、こんな場所でビールがあると最高なのに・・・
f0036700_183749100.jpg

出発地点の皿倉山が見える
f0036700_18375741.jpg

今日4匹目の「犬」 道の真ん中にお座り状態
他にも遭遇したんですが、写真撮りそこなったんです
この日は良く犬にあいましたね
f0036700_1581857.jpg

14:40 福智山 到着
ぐるーり360℃展望がきく
はじめてきましたが、気持ちいい場所ですね
f0036700_1838942.jpg

こちらは、これから向う「赤牟田の辻」方面
たぶん遠くの山々は「英彦山」か「九重連山」だと思うですが(ちがうかな)
f0036700_18381250.jpg

15:00 福智山 出発
なぜこの方向のルートにしたかとゆうと
初秋の銀色に輝くススキ原を、縦走の余韻をかみ締めながら
夕日が差す中をゆっくり歩いてみたら気持ちいいだろうなーと思ったから

っが、しかし
ちょっと甘かった008.gif
ここまでは、予定どうりでしたが、晩夏が過ぎたすぐ後で
すすきの原は、まだ草の勢いがあり、背丈以上に伸びており、進むのは「藪漕ぎ」状態
すすきの穂は丁度、顔にかかりむせるし、ぜんぜんイメージどうりじゃない033.gif

ましてや、足元はわかりずらく慎重にすすまざるおえないし
他の方々が来た、逆の方向にすすんでいるため、芝目が逆の状態
うリャっーて、すすき野原に突っ込む感じで、ぜんぜんペースがあがりません
f0036700_18381957.jpg

こうやって振り返ると、綺麗なんですが・・・

っでしかも、いくつもの同じような丘を超えなきゃいけないし
ルートは、猪が荒らして不鮮明だし、ほんと、泣きが入りました
f0036700_18382743.jpg

そんなこんなで 16:40 「焼立山」到着
一瞬「ビバーク」も頭をよぎりましたが、猪に遭遇しそうなので断念
f0036700_18383598.jpg

「藪漕ぎ」はもう一生分したでしょう 先はまだまだ長い
f0036700_18384289.jpg

16:50 ようやく「山犬の峠」 到着
f0036700_18384962.jpg

まだまだ「藪漕ぎ」はつづく
このころになると下りで「左ひざ」が痛くなってきた
f0036700_1839182.jpg

ようやくここまできました(なんてゆう場所かよくわかりません)
f0036700_1839968.jpg

17:30 牛頸山 到着
ほんとうは、「わしゃ、こんなとこ、きとうなかった」心境でしたが
せっかくきたのだから、ゴールの山に登頂したみました
きてよかったです 晴れ々した気分で達成感いっぱい
f0036700_18391537.jpg

牛頸山の影が伸びている
下山を急がねば
f0036700_18392297.jpg

18:30 無事 採銅駅 到着
f0036700_18392366.jpg

終わってみて、やっぱりはじめての山歩きはいろいろハプニングありました

心残りなのは、途中パスした「山」にちゃんと登ってみたかったのと
それと福智山からの草原が、なんとも気に入らない

もう一度今度は、春先に草が枯れている時期に、今回と逆ルートで挑戦したみたいな
009.gif
[PR]
# by k1966k | 2011-09-30 20:00 | 山歩き

九重連山堪能②

二日目の朝(9/11) 少し寒くて目がさめた 、もう初秋である 肌で感じる
朝食を済ませ、8時出発 「坊がつる」にわかれの挨拶
f0036700_12281747.jpg
  
当初の計画では、「法華院」横の「中岳直登り破線ルート」を行こうかと思ったが
立看板に「崩落注意」入り口からしてちょっとデンジャラスな雰囲気(根性ないので断念)
普通に「北千里」にのぼる でも、これはこれで、素敵なコース
f0036700_12283354.jpg

最初は平地状の砂地を歩き、周りの景色をぐるぐる見渡しながらダラダラ、
登りになると、岩の間を縫うように進み、最後の急登をエイッっと超えると、
「久住わかれ」 到着
f0036700_12285194.jpg

途中こんな「犬」と遭遇
f0036700_122976.jpg

天狗ケ城の登り途中から、御池で遊んでいる「犬」
f0036700_1229258.jpg

10:15 天狗ケ城 到着
f0036700_12294437.jpg

昨日の天気がうそのような陽気で、天気がよくなった
昨日のぼった「久住山」と「稲星山」
f0036700_1230783.jpg

むっ!天狗ケ城から中岳への鞍部にて、またまた遭遇
さすがに暑いのか?それとも飼い主が疲れたのか?岩陰で休憩中
f0036700_12303319.jpg

10:30 中岳 到着
九州本土で一番高い山制覇ですV
f0036700_1230497.jpg

つづいてやってきた「犬」
登頂の感動より、ちょっとお疲れかな
f0036700_1231668.jpg

昨夜の野営地「坊がつる」を望む その向こうは大船山系
f0036700_12312699.jpg

そこから「池の小屋」方面に下山し「慰霊碑」へと進む
事前に情報無く、難しい梵字・漢文が書いてあり、意味不明
この石碑の後ろで休憩中に人の気配がするので、訊ねてみると
「昭和5年ごろに二人の大学生が亡くなって、その慰霊の為の石碑」とのこと
倒れていたのを、最近このような状態にされたと、丁寧に教えていただいた

その方は「九重」が大好きなようで、
「久住連山を歩く」に、花・山がいろいろ紹介されています
ちなみに、ここから歩きはじめた私の後姿がちょこっとアップされてます
f0036700_12315419.jpg

山でのいろいろな出会い後 すがもり越に帰路につく
途中、小屋跡にていつもの「おにぎり」をいただく
f0036700_12321474.jpg

13:30 長者原 到着
アイスクリーム・足湯を堪能
f0036700_12323137.jpg

今度は「平治号」の記念写真
f0036700_12325142.jpg

これにて九重連山の、大体の山は制覇しましたかね
山でお逢いした方々が「とても雄大で、すばらしく、何回きても飽きない」
って言ってましたが、まさしくそのとうりだと思う山様

まだここら辺は、面白い山がいろいろありそうなので、
それとルートが幾つもあるようなので、またまた来て見たいと思います(吉田類風に)
そんな山歩きでした001.gif
[PR]
# by k1966k | 2011-09-22 16:56 | 山歩き

九重連山堪能①

9月10・11日 九重連山を満喫してきました

先週の「暇」な時間の、反動ではありませんが、
夏休みに、「坊がつる」にてテント泊したんですが、
「久住・中岳」(九州本土で一番高い山)に登ってないことが、心残りで
それで、台風13号の動きをきにしつつ、直前まで迷ったんですが、
九重連山の制覇すべく、またまたテント持ち込んで出かけてみた

10日8時 自宅を出発
この時点では、福岡では台風の影響はほとんど無く、快調の高速を走り
九重連山が見えてきたら、雲(ガス)の全体が覆われていて、ちょっと心配

10時 「長者原」駐車場に到着(忘れ物もなく順調)
今回は、前回よりの計画であった「牧の戸峠」より「久住山」に向かうため
バスにて移動 乗客は私一人(台風のせいですかね)
f0036700_1614359.jpg

ルートは、牧の戸峠→西千里浜→久住山→白口岳→坊がつるに向かう王道ルート
まだ体が慣てない時に、20Kg以上の荷物をしょっている状態で
このコンクリートの登りは一番きついかったですね
f0036700_16141269.jpg

そして沓掛山到着 体はだいぶ慣れてきました
f0036700_16141966.jpg

っで、久住方面 ガスってます
でも 初めて見る景色で、まだほんの入り口なんですけど、
うわさどうりのいい景色です(アルプス的ってゆうんですかね)
f0036700_16142686.jpg

扇ケ鼻との分岐地点到着
ここまでの間が霧雨みたいのがあり、合羽着ちゃいました
相変わらずの「ガス」で景色は見えません
f0036700_16143465.jpg

っが、時々さっとガスは晴れる瞬間があり、星生山が見えて「おーーー」って感じ
f0036700_16144211.jpg

っで、避難小屋が見えてきました
このころになると、天気も回復してきて、九重連山の全体像がわかってきた
f0036700_16145134.jpg

ここが、「久住わかれ」ですね フムフムって感じです
観光旅行でもそうですが、事前に調べ過ぎると、到着した時に
感動よりも確認作業みたいな感じになってきてます
f0036700_1615210.jpg

昼過ぎになり、お腹もすいてきたので、小さい岩に腰掛「おにぎり」
いつもの写真撮るのわすれて、撮ったんですが、なんか後ろの山に形が似てません?
f0036700_1615973.jpg

13:00 久住山 到着
f0036700_16151669.jpg

ガスが晴れた瞬間少しだけ、雄大な景色が見えた
(山ガール撮影したんじゃありませんから・・・)
f0036700_16152549.jpg

こちらは、「天狗ケ城」と「中岳」
f0036700_16155054.jpg

あんまり花興味ないんですが、綺麗だったものでパシャリ
f0036700_16155869.jpg

稲星山 到着
f0036700_1616583.jpg

途中 ガスったり、晴れたりして、白口岳に到着
先を歩いていた一行にここで追いつき、少し談笑してみる
法華院に泊まるのかと思ったが、鉾立峠から右へ行くとのこと
なら、私とルートが違うので、先に行かせてもらうことにした
f0036700_16161229.jpg

ここからは、急勾配の下りで、苦労しながら降りる
でも、ガスの間から「坊がつる」みえてピッチもあがる
f0036700_16162165.jpg

15:30 鉾立峠 到着
でも、この「鉾」には、「鉾峠」って書いてあってどっちが正解なんでしょう?
f0036700_16162829.jpg

16:00 法華院前通過
f0036700_16163486.jpg

テントを設営して、早速「温泉」
今日は9月10日で「くじゅうの日」ってことで、入浴料タダ
知らずに来たんですが「ラッキー」

でも、皆さん知ってらしゃるようで、凄い人で芋洗い状態
一回目は何とか入り、二回目入ろうとしたら、入るスペースが無い、あえなく離脱
温泉より楽しみの「ビール」がある 乾杯!
f0036700_16164157.jpg

良い心地でテントに戻り、今宵の宴
f0036700_16164928.jpg

ただいまの温度「17℃」 すこし肌寒い
f0036700_16165656.jpg

いろんな会の、オフ会があっちこっちで行われているようで
宴の歓喜の声が、夜遅くまで響いていた

しばらくすると、今度はあちこちから、野獣の声が聞こえてくる
多分、自分が一番大な野獣の声だったりして!

この日は、中秋の名月の2日前の月
まるで、昼間のような明るい夜
テントに写るススキの影がユラユラ
それを、見ながら眠るそんな夜でした
 
[PR]
# by k1966k | 2011-09-14 16:44 | 山歩き

グレゴリ 虜に

今日は9月3日
ノロノロ「台風12号」のおかげで、外出できず057.gif
せっかくの休みなのに、ひま007.gif
山はもちろん、ゴルフの練習もできません

っで、こんなことしてます
f0036700_128447.jpg

最近購入したリュックをばらして、洗ってみました
ここまでバラバラになるなんて思ってみませんでした

お店の人に上手くのせられて、「しょって」みたら、
あまりのフィット感に感動して購入してんですが
このバラバラぶりに、またまた感動でした005.gif
これなら、一生使い続けられるんでしょうね
(古くなったパーツ交換すればいいんですもの)

天気よくなったら、こいつしょってどこ行こうかな058.gif
[PR]
# by k1966k | 2011-09-03 12:19 | つぶやき