猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

坊がつる 3日目

坊がつる 3日目の朝も良い天気
f0036700_11133863.jpg

今日は駐車場までもどるだけ
ゆっくりすごし、テントが乾くのを待って出発です
雨が池超ルートにて帰えりまーす
f0036700_11134742.jpg

三俣山にお別れの挨拶<(_ _)>
f0036700_11135975.jpg

素晴らしい時間を「ありがとう」
またくるからね007.gif
f0036700_1114652.jpg

途中の眺望のいい場所から、見納め
f0036700_11141481.jpg

ここもはじめて見る「雨ケ池超」
今日は水が溜まってませんね
f0036700_11142443.jpg

長者原が見えてきました
さすがにこの日(8/13)は、入山者が多く
家族一家とか、大きな犬をつれた方とか、いろんな方が登って行かれました
f0036700_11143126.jpg

出発から2時間ちょうどで、駐車場に到着
f0036700_11143999.jpg

このあとソフトクリームを買い、足湯に足いれながら
食べて、帰宅しました

はじめての「坊がつる」はとっても素敵な所でした
また今度は「秋」の紅葉のころに来たいな・・・
[PR]
by k1966k | 2011-08-27 11:33 | 山歩き

坊がつる 2日目

2日目の朝、寒くて目が覚めました
たぶん20℃以下、じゃないかと思います
でも、天気は凄くいいです
テント正面の「三俣山」に朝日がさしてます
f0036700_11115985.jpg

6:00 起きて朝食です
インスタントラーメンと昨晩炊いたご飯です
普段なら朝からラーメンなんて食べないですが、この塩っぱさと炭水化物が
山歩きの朝食には、意外に良いらしいですよ!
f0036700_1112961.jpg

そうこうしている間にも、朝日がテントにとどいてきました
f0036700_11121885.jpg

今日のルートは大船山から黒岳に行って坊がつるに戻ってくる予定
7:30 登山口出発
f0036700_11122686.jpg

9:00 大船山到着
途中の樹林帯は黒グロした土が最初ありましたが、最後の登りは岩がゴロゴロ
f0036700_11123340.jpg

眼下に「坊がつる」が見えます
かすかにマイテントも確認できました
f0036700_11124099.jpg

記念にと、セルフ撮りしてみましたが、ボケボケで上手くいきませんでした
慣れないことするもんじゃないですね
f0036700_1112476.jpg

9:35 ここから右側へ米窪をぐるっと巻いて歩いて、黒岳へむかう
f0036700_11125913.jpg

しばらくは平坦な道でしたが、途中 凄い急坂を一気に下る
木々の間からこれから向かう黒岳が見える
f0036700_1113584.jpg

っで、一番「谷」の部分「風穴」近くにつきました
地図だと、「風穴」近くに出るルートになってるようなんですが、ちと違うような・・・
すでにヒンヤリ しっとりジメジメしてる
f0036700_11131783.jpg

風穴到着 昔「蚕」の保存用として使っていたようです
中に入ってみたかったんですが、ロープ1本じゃ、自分的にはちと無理と判断して断念
f0036700_11132487.jpg

10:50 ここから登りです
こんどは、細かい礫みたいな登りでズルズル登る
f0036700_11133290.jpg

ヒーコラ状態で、ようやく「天狗分れ」の到着
f0036700_1113404.jpg

11:50 高塚山 到着
眺望あまりよくない
後で調べたら、天狗岩の方が眺望がいいらしい
そっとにすればよかった(この次はそっちにしよう)
f0036700_11134778.jpg

お腹減ってきたので、いつもの「おにぎり」で昼ごはん
海苔が上手く巻けずに、サッカーボール状態
でも、やっぱり山で食べるのは旨い!
f0036700_11135453.jpg

しばらく休憩後 黒岳へ向かうつもりでしたが
さっきの大船山からの下りと、今の上りで体力使い果たし
このまま 下山開始
さっき登った、礫と岩の混ざった来た道を引き返す
下りは、足元がすべり、とても危なっかしく登りより気を使う
風穴戻ってきた、気温20℃
f0036700_1114324.jpg

ここから、ソババッケまでは岩がゴロゴロしている所をすすむ
奥ゼリまで行き、大戸腰への破線ルート
初めての九重山系で、「破線ルート」ちと不安!
でもソババッケまで歩くとだいぶ遠周り
まっ、なんとかなるでしょう気分で左へ進路をとる

深い樹林帯の巻き道を、歩くこと1時間半
初めてのルートで、いつ着くのかわからず だんだん不安になる
踏み後、テープはあり、ルートは間違いないが、時間がかかりすぎ
本当に付くのかな?

14:00 ようやく、ソババッケからのルートに合流
よかった、一安心 こうゆうときの達成感も好きです
f0036700_11141022.jpg

14:30 大戸超 到着
f0036700_11141890.jpg

平治山の登り口
春にはツツジが見事なところらしいので、また今度はその時期にきてみよう
今日は、体力が予備燃料が少し残っているだけ、御遠慮しときました
f0036700_11142537.jpg

15:30 朝出発した場所に到着
御苦労さまでした
f0036700_11143268.jpg

即効、法華院の温泉へ、ゴー
燃料補給
f0036700_11144010.jpg

燃料補給 2本目
f0036700_11144672.jpg

栄養補給
f0036700_11145469.jpg

さすがに、いい心地になってきた
法華院で買った、日本酒をのんだら
いつの間にか、その場で「気絶」
気が付いたら、真っ暗
急いでテントに潜り込み、2日目の夜は過ぎて行きました
[PR]
by k1966k | 2011-08-19 12:00 | 山歩き

坊がつる 1日目

残暑お見舞い申し上げます001.gif

イヤーほんと毎日暑いですね~
そんな暑さを忘れるために、8/11~13に「坊がつる」に避暑に行って来ました
ってゆうか、九州で山歩きをする方々は年一回ぐらい訪れる超メジャーな場所
でも、私は行ったことが無く、どんな所かすごく楽しみで、
子供の遠足みたいに、前日から何度もリュックのパッキングをし直したりして、
興奮状態で、少し寝不足ぎみですが、出かけてみた

8月11日6:00自宅出発 8:00長者原ビジターセンター駐車場 到着
早速、山歩の準備の取り掛かろうとしたら
がーン な・な・ない
一番必要な靴が無い


他の物はなくても何とかなるが、「靴」がないと登れない
ど・ど・どうしよう?近くのお店探して買うか それとも戻るか!
迷ったが、新品の靴じゃ足になじんで無いと、大変だろうから
家に取りに戻ることにした(涙)往復4時間のロス
最初の考えでは「牧の戸峠」から久住山経由で坊がつるに行くつもりでしたが、
この時間じゃに無理でしょうから、「すがもり越」で坊がつるに向かうルートに変更

11:30 駐車場から気を新たに出発
f0036700_1242264.jpg

平治号(犬)の横の橋(名前?)の登山道の箱に登山届けをちゃんと出していく
f0036700_1243889.jpg

しばらくは舗装された道を進み、どんどん高度を上げていくと
砂防ダム横の取り付き口からは、本格的な登山道へ

12:30 しばらく登ったところでいつもの「おにぎり」を頂く
おにぎりの向こうに、長者原が望む
f0036700_1244712.jpg

休憩後、いつもの樹林帯とは違う荒陵とした岩の間をすすみ
目の前に「硫黄山」出現 煙モコモコ凄いもんです
f0036700_1245123.jpg

13:15 そこからしばらくいくと「すがもり越」到着
「へー」って感じ、昔小屋があったらしいですが、今はごらんのような状態
f0036700_125610.jpg

なぜか?鐘がある!
やっぱり初めての人間としては、鳴らしてみなくちゃねっ
「カン・カン」って、澄んだ音
f0036700_1252179.jpg

反対側を振り返ると、「三俣山」が望む
坊がつるまではまだ時間早いので、チョット足慣らしに・・・
f0036700_1253115.jpg

13:40 頂上着
途中、木など日差しを遮る物などないですが、さすが1700m近いと涼しい
f0036700_1253538.jpg

往復1時間足らずど降りてきて、こんな川原みたいなところを歩きます
f0036700_1254677.jpg

そして不意に眼下に「坊がつる」が見えてきた
ハローって叫びたい気分
想像していたのより、雄大で広い、凄くいい感じです
f0036700_1255082.jpg

14:40 法華院温泉到着
すぐにでも「温泉」に入りたかったんですが、まずはテント場へ急ぐ
f0036700_1255727.jpg

っで、設営完了
何人ものかたがすでに、設営されていたので、私はススキの中にこっそり設置
手持ちの道具をつかって、上手く設営できたでしょうV
f0036700_126467.jpg

10分ぐらい歩いて、こんな感じの温泉へ急ぎ、いざ入浴
f0036700_1261169.jpg

外のテラスはこんな感じ
そとからは丸見えです
シャンプー・石鹸は使用禁止なので、入浴のみでした
f0036700_1262162.jpg

風呂あがりの楽しみを「プシュー」っと
ここは自動販売機があり、わざわざ担いでもってくる必要が無いのでありがたい
しかも冷えていて「旨い」幸せいっぱい
f0036700_1263048.jpg

さっそくテントへ戻り、夕食をいただく
ビールも2本目へ
f0036700_1264494.jpg

ディナー「チキン・ウインナー」
ガラスのビンは焼酎が入っている
f0036700_1265141.jpg

焼酎が進むころには、2時間水に浸していた「ごはん」を炊く
上手く炊けました カレーを〆に流し込む
f0036700_1265564.jpg

当たりが暗くなりはじめたら、こんなことをしてみたりして
まったり過ごす
f0036700_127519.jpg

酔いが廻ってきて、早々に眠りつきました
夜中に起きた時に、夜空の星が綺麗だと聞いていて、期待したんですが・・
満月に近い「月」のおかげで、あまり星は見えませんでした
そのかわり、昼間のようは月光りでした
明日の山歩きのシュミレーションを頭の中でしながら、再び深い眠りへ・・・
[PR]
by k1966k | 2011-08-16 12:08 | 山歩き