猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

背振山系 藪漕ぎ

11月18日 前日の雨が嘘のような、好天に恵まれて
背振山系の藪漕ぎに行ってみた

藪漕ぎは、いつ時でもできますが、この時期は藪が
枯れていて、雪が降る前のこの季節が最適です。
でも、単独行となるとちょっと躊躇してしまいがち、
今日は、山道具でお世話になっている
「ラリーグラス」のイベントに参加です。

コースは、矢筈峠への登山道から、「唐人の舞」への
直上りの尾根に取り付き、縦走路をしばらく進み
鬼ケ鼻を過ぎたあたりから、ふたたび藪に突入し尾根を下るルート

いつも単独行がおおいんですがで、
今日は17人もの大所帯です
団体行動しなきゃいけないのですけど、
果たしてどうなることやら・・・

8:45 椎原バス亭に集合
初めての参加で、少し緊張ぎみ待つと、お店の方到着
それから、ぽつぽつと人数が増えてきました。
だいたいの方々が、お見知り合いのようです
初参加は、私を含め4人ほどです
f0036700_1155142.jpg

っが、やっぱりとゆうか、そうなると思いましたが、
遅れてくる方、連絡もなく欠席してる方(団体行動はこうゆう所が嫌いです)
でも、いつものことなんでしょう、それでもかまわず、体操して出発です
f0036700_1158667.jpg

里山の舗装道路を上り、辻橋まできました
初心者の方もいらしゃるようで、地図・コンパスの勉強です
f0036700_1211058.jpg

10:00 椎原登山口 到着
ここまで1時間かかってます。ゆっくりペースです。
(団体で移動しますし、途中の勉強にも時間かかってます)
f0036700_1205168.jpg

休憩後、矢筈峠をめざして上りますが、林道を横切って、
しばらくすすんだ、11:10 沢の分岐地点より、山に突入です
f0036700_1212776.jpg

当然、踏み跡もなく、テープもありません
地図とコンパスと、先頭行くラリーグラスの人たよりです

っが、当初の予想していた唐人の舞への尾根と違うような・・・
先頭の方は地図とコンパスで移動していますが、こちらには
文明の利器「GPS」があります、ほかにも一人「ガーミアン」の方も
地図・コンパスでルートを確認していらしゃった、現役陸上自衛隊員も、
そう思ったらしいですが、そこは別に「唐人の舞」に着かなくても
「藪漕ぎ」目的ですから、おとなしく付いていくだけです。
f0036700_121739.jpg

最初は、急峻を上りまが、この時点はみなさん一列です。
でも、体力のある方と、ない人の距離が開いていきます
f0036700_1213960.jpg

当然、道があるわけではないので、自分の好き勝手に横に広がって
上がっていきます。だんだん「笹」がでてきた、まだ膝あたりまでの高さです
f0036700_1212054.jpg

ちょっと遅れてる人を待つ間休憩です
だんだん笹が、腰までの高さになってきましたよ
f0036700_1215399.jpg

肩の高さになってきました
(この写真の方、現役陸上自衛隊員だそうです。装備が自衛隊仕様です)
f0036700_1213382.jpg

いよいよ頭の高さまでの「笹」になってきました
でも、先頭を行く人は藪漕ぎで大変でしょうが、
後の人は、17人の踏み跡の為、比較的楽ちんです
f0036700_122653.jpg

頭の高さを越えてきましたが、自分も後方にいたので、苦労せず進みます
f0036700_1214616.jpg

そして、案の定「唐人の舞」ではなく、縦走路に出てしまいました
ラリーグラスの人いわく、「尾根の取り付け部分を間違えちゃいました」って
今回の目的の、地図・コンパスの勉強の大切でしょうけど、
責任者ですから、念の為に「GPS」持ってたほうがよいかと・・・

縦走路を進み
12:20 唐人の舞 到着
f0036700_1215722.jpg

幻の三角点の確認です(この時は「GPS」頼りでしたけど)
なかなか発見できなかったポイントみたいで、見つかって喜んでました
f0036700_1221856.jpg

ここで昼ごはん、いつもの「おにぎり」いただきます
f0036700_1223084.jpg

この時期は少し肌寒いので、温かい汁ものがいいですねー
f0036700_1221297.jpg

13:00 出発
天気ばっちりです。風もなく最高の藪漕ぎ日よりです
f0036700_1224735.jpg

みなさん、それなりに経過者で、縦走路を一列で進みます
はじめての経験ですが、それなりに面白いもんです
f0036700_1222890.jpg

鬼ケ鼻から、これから下る尾根を望みます(たぶん)
f0036700_123452.jpg

14:10 いよいよ縦走路からはずれて、尾根に入ります
f0036700_1224686.jpg

でも、この尾根は少し人が立ち入ってことがあるみたいで
「古いテープ」がちらほら見当たり、踏み跡もかすかにあります
藪漕ぎ好きな方は、テープを見るとがっかりするって言ってました
(どんだけ好きなんでしょうね)
f0036700_123198.jpg

それでも、当然踏み跡うすく、めいめい好き勝手に降りていきます
f0036700_1233571.jpg

結構、急な下りで滑ってしまう方もいます
f0036700_13175947.jpg

15:00 小爪橋手前の、林道に合流しました
私は、椎原登山口に車を止めていたので、ここでお別れでした
初めての「団体」も無事終わることがで、
藪漕ぎも非常に楽しかったです

でも、藪漕ぎにしては大人数すぎたような
人数の把握が難しいのと、体力の差があり、列が分散状態になり
途中で離れて、不明になっても確認できなくなるんじゃいかと心配
それとお店の人が1人じゃなく、サブリーダーがいたほうが・・・

さてと、藪漕ぎの最適時期だし、
やっぱり、今度は単独でどこ行こうかな017.gif
[PR]
by k1966k | 2012-11-21 12:59 | 山歩き