猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

行橋~別府100kmウォーク 完歩

行橋~別府100kmウォーク 完歩できました
完走できるか不安でしたが、無事ゴールしてきました
いやーさすがに、疲れました

っが、思ったほどの疲労もなく、肉刺も右足の裏に2cmぐらいの、
いつもロング練習の時にできる程度のものでした
よっぽど、参加のきっかけになった「ナイトハイク40km」の時のほうが
疲労困憊で、足は痛かったしゴールの時もフラフラでした

是も、春からの月に一回程度の50~60kmぐらいの
練習の成果なんでしょうね
熱い炎天下での苦しい練習、ロング縦走とかの成果がありました

っで、10月6日 朝8時23分の特急で博多~行橋に移動です
「Ho」氏と待ち合わせして移動ですが、
すでに同じようないでたちの「100kmウォーカー」の姿がちらりほらり
行橋に着くころには、社内は熱気でさながら専用列車のようです
f0036700_11363628.jpg

行橋駅に着き、「Ho]氏の足りない物の買い物にお付き合いです
そしたらこのような案内表示、商魂たくましいですね
それに、、駅周辺の宿泊施設は満杯らしいです
4300人ぐらいの参加があるんでしょうから、経済効果結構あるでしょうね
f0036700_1251428.jpg

さっそく境内前の受付をすませる
この様に、番号順に窓口が設置されていて、スムーズにゲートインできました
初参加の私には、丁寧にゼッケンの付け方、チカチカライトの付け方を教えていただきました
そこら辺は、ボランティアさん達が慣れていて「ヘー」感心させられました
f0036700_1252165.jpg

腹が減っては戦はできぬ、さっそく腹ごしらへです
こんな時に生物もどうかと思ったんですが、油ギトギトのコンビニ弁当よりいいかなと
(じゃ、鳥からはなんじゃと突っ込まれそうですが・・・)
f0036700_1252861.jpg

記念撮影でーす
f0036700_125364.jpg

ゴール地点まで運んでくれる、着替えとかの荷物を預け
トイレに行き、いよいよセレモニーのスタートです
20時間以内にゴールしたい人は(あくまでも自己申告)境内で待機できます
鼓舞する「太鼓」の演奏、選手宣誓とかの後いよいよスタート
f0036700_1254364.jpg

ウエッブスタートで、自分たちは12;30にスタートでした
おそらく、すでに1600人ぐらい先行しているはずです
しばらく、河川敷きを歩きます
f0036700_1255188.jpg

こんどは水面を歩きます(笑)
f0036700_125572.jpg

プロペラ君のCPを通過します
タッチしないと減点なるのかな・・・?
f0036700_126350.jpg

少し曇り空ですが、風もなく歩きやすい気温です
沓尾漁港の道を進みます。まだまだ余裕の表情
f0036700_1261330.jpg

今度は、砂浜を進みます
今回一番渋滞した地点でした。階段が狭いせいでしょう
これ以降の方々は、もっと混雑してんじゃないでしょうか
f0036700_12431041.jpg

ん!堤防にでた瞬間に「分身の術」にでもかかったように
同じシューズがだぶってみえます
同行者「Ho氏」と同じシューズがたまたま3足そろい踏みです
f0036700_126203.jpg

秋のコスモスに見送られて進みます
f0036700_1262655.jpg

築城公園で100円スポーツドリンクを購入し休憩しました
ここまで14.7kmを2時間25分です
時速6km/hです。スタートの混雑を考えればいいペースです
f0036700_1263321.jpg

まだまだみなさん、元気いっぱいのどかな休憩風景です
自分達も15分ぐらい休憩して出発です
f0036700_1264095.jpg

国道10号線の、築城基地の横をすすんでいきます
ゼッケン「1番」に追い越されました
たしか、最後尾で45分後ぐらいにスタートのはずですが
ここで追い越されてしまいました(恐ろしいペース
f0036700_1264849.jpg

20km浜の宮 給水地点
すごーく薄いスポーツドリンクを補給
f0036700_1265735.jpg

気温21℃ 歩きやすい気温です
途中時速6km/hのペースを守って進んでいきます
貝汁屋さんによりたかったんですが・・・
f0036700_127538.jpg

18;50 第一CO中津駅到着36.1km地点です
梅干しとバナバいただき、水を補給です
ここで本格的にメンテしました
靴下のチュンジと、バンテリン塗布しました

ところが、せっかくチェンジした靴下を、自分でこぼした水で濡らしてしまい
変えた意味がないじゃん(泣)しかも一番肉刺ができやすい右足の小指のところです
ここで、再度変えようかと思ったんですが、時間がおしいんでそのまもスタートしました
(これが吉と出るか凶と出るか)
f0036700_1272154.jpg

TOTO トイレ所です パスして進みます
でも、ここら辺から体の異常に気が付きます
さっきトイレに行ったのに、すぐに尿意が催してきます
これから先も尿意はあるんですが、おしっこは出ません
ひょっとして、TOTOのトイレに行かなかったんで呪い(-_-;)

でも、前にこうゆう症状もあると聞いていたんで、尿意は無視して進みます
f0036700_1272876.jpg

途中の、みずみずしい梨のサービスを頂きました
普通に食べても美味しんでしょうが、疲れた体には特に美味しく感じます
f0036700_127366.jpg

もくもくと進みます
背中に付けた、チカチカライトが列をなして綺麗です
f0036700_1274585.jpg

ようやく中間地点通過
f0036700_1275269.jpg

コンビニに立ち寄り「ブラックモンブラン」補給
さすがに「ガリガリ君」じゃ効きすぎます
f0036700_128055.jpg

22;50 宇佐神宮 通過
気温がだいぶ下がってきました(16℃くらい)
汗で濡れた、薄いアンダーシャツじゃ寒いです
f0036700_128816.jpg

23;50 ようやく第二CP到着
今回唯一楽しみにしていた「肉うどん」350円を頂きます
冷えた体には、温かいうどんが沁みます
ただ、ちょっとボリューウムが多いかな
普段食べるにはちょうど量なんでしょうが、疲れた体には多すぎるような
f0036700_1281753.jpg

ゆっくり30分休憩後 いよいよ「立石峠」向かいます
途中、暗がりの藪の中にゴソゴソと音がするので
ライトで照らすと、なんと「猪」が何か漁っている
こんな夜中に、しかもいっぱい人が歩いているのになんて大胆不適な奴
ただ、ウォーカーさん達はすでにみな無口で、だれも「猪」どころではないようで
同行の「Ho氏」でさえ、諭しても興味示さずです
f0036700_1282437.jpg

この先は街灯も無い道をもくもく進んでいきます
自分のライトだけが頼りですが、当然眠くなります
道端には耐え切れずそのまま横になっている人がちらほら
自分達もたまらず、「北部中学校」の交差点に近くでダウンです
f0036700_12221924.jpg

Ho氏から頂いた写真です(だいたいこんな感じでみなさん寝てます)
5分の睡眠タイム ちょっとはすっきりしました


その先の「ぜんざい」休憩ポイントでも
ぜんざい頂かず、10分寝てました

いよいよ「七曲がり峠」に突入です
試走で歩いていますので、雰囲気はわかりますが、
やはりここまでの疲れで、前回のような速さでは上れません
いきなり20人ぐらい、にごぼう抜きされました

やっとのことで峠到着
上り番長の「Ho氏」はとっくについてますが、待ってくれます(謝謝)

上りがあれば、当然下りがあります
下りも結構足にくるようですが、今回私は調子がよく
先ほど追い越された方々を、今度はごぼう抜きです

ここまで読んだいただいた方は、気が付かれましたでしょうか
この間の、状況写真がありません
今回、ここら辺の記事を簡単に書いていますが
自分的にはこの時間帯2時~4時の間が一番つらい区間でした
足の付け根の関節が痛みだし、まだ眠くてフラフラ状態です
たぶん時速も5km/hぐらいだったと思います

でも、峠をこえ平たんな道までくれば残り20kmくらいです
ここで最後の体のメンテをほどこします
バンテリンと、鎮痛剤の「ダブルドーピング」投入です
薬は15分ぐらいで効きだし、赤松峠の上りにさしかかるころには
スタート時とおんなじ様な体の状態まで回復
(恐るべし最新医薬)

赤松峠を上るときは時速7km/hぐらいで、一気に上ります
自分でも不思議なくらい変なテンションです
5;00 赤松峠 通過
f0036700_1283121.jpg

第三CP5;20到着です
体調もそれほど悪くなく、ここまで来れば完走できそう

明るくなり別府湾が見えだし、完走時間がどれくらいになるのか
ファミコンレベルの、自分の脳みそがはじき出します

12;30スタートだから7;30に到着すれば、19時間を切れる
残り13.9kmを7km/hで行けば、2時間後の7;30以内に着ける

「Ho氏」絶対無理とゆう、「やってみなけりゃわからんよ」とオレ
目標がないとモチベイション上がらないたちなので
下り坂なのをいいことに、徐々に速度を上げる

6;25 ロイヤルホテルを過ぎて、残り8kmで残り時間65分
すでに、このあたりのウォーカーは完走達成確信されてるのか、疲労困憊なのか
それほどの速度ではなく、二人がどんどん追い越していく
おそらくゴールまで100人ぐらいは抜いたのでは
f0036700_12252950.jpg

御来光です
感傷に浸っている暇はありません
自分たちには、時間がありません
陸橋の上の残り「5キロ」の表示で残り45分
(歩きになってないか心配でした)
f0036700_1283976.jpg

有名な「がんばれ」応援をうけて、ぐんぐん進みます
でも、道路にガムテープで標示してある「がんばれ」進行方向と逆なんですけど
ウォーカーからは読めないと思けど・・・(変な突っ込み入れたくなる)
f0036700_1284718.jpg

あと1kmの表示 6;24
ダメです。ここでエネルギーも、ドーピングも切れてきました
信号機のこと忘れてました。何回かひかってしまって(大きなロス)
心もおれそうです
f0036700_1285596.jpg

到着しました(にやけてしまいます)
最後の「別府地獄ロード」を無理なハイテンションで2時間くらいで
歩くことができ、だらだらゴールしなくて、結果よかったかもです
でないと20時間くらいかかったかもです
f0036700_129892.jpg

7;33 ゴーーーーール です
完走した感想は、感極まってすこしは、涙腺がゆるむのかとおもったんですが
公園の入ってすぐの「ビール」の販売所に直行して、駆け込みたい衝動で、
危うくゴールのセンサーを素通りしそうでした
(どんな感想じゃ)
f0036700_129151.jpg

結果 記録19時間3分でした
昨年の結果から推測すると500位ぐらいではないでしょうか
最初の目標は20時間きれたらBEST、19時間30で上出来
最悪完走が目標でしたので、19時間ちょっとは想定外の上出来です

まずは、完走に「乾杯」
ここまでよく持ちこたえた体に「乾杯」
(丈夫な体に生んで育ててくれた、両親も含めて)
参加できる状況を許してくれた家族、会社、周りに「乾杯」

いろんなことに感謝しつつたくさんのゴールされる方々を眺めて、酔っ払っていきますた
f0036700_1292499.jpg

さっ、荷物を受け取って、風呂入って、帰宅です
f0036700_1293349.jpg

帰りの電車の中から、まだまだこれからゴールに向かう「ウォーカー」の姿が見えます
怪我なく(もうすでに怪我してるような状態か)ちゃんと完走できますように
早くゴールして、ビールで祝杯をあげて、がんばって
っと心のなかで祈りつつ帰路につくのでした

参加しようと思った時点では、とても完走できないと思い
でも、練習だけはしなきゃと思い、何とか完走できるかもと思い、
それが完走できると確信に変わり、さらにひょっとしたら
20時間切れるかも、希望的願望になり、今回の結果となりました

スタートのセレモニーかなにかで、「100kmウォーク」は人生そのものだとゆうフレーズを聞き
100km歩いているその時間だけではなく、そこに至るまでの練習・準備等の過程もそのものだと思う

こんな素晴らしいのステージを用意していただいき、
初参加でもあたふたすることなく、非常にスムーズの気持ちよく完走できました
スッタフ・ボランティアの方々に感謝いたします。ありがとございました。

さーてっと、楽しみ終わったし、次はどんな楽しみしようかな
最近「ゴルフ」もごぶたさしてるから、再度シングルハンディ目指すかな
寒くなってくるので、「焚火」でぬくぬくテン泊もしたいしな

っま、やれることから、できることから、いけるところまで行くか001.gif
[PR]
by k1966k | 2012-10-08 16:00 | つぶやき