猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

十坊山~背振山~基山 縦走②

10月9日 二日目 朝6:00起床
小屋の中の暖炉のせいか、寒くも無く快適な夜でした
縦走のためには、エネルギー(酒)補給・睡眠ばっちりじゃなといけません

7:20 軽く朝食をとり掃除をして、出発
二人とも、多少疲れはあるが、体調はすこぶるいい
でも、HO氏この気温(10℃ぐらい)で、Tシャツ一枚 異常体質です
f0036700_1817845.jpg

ん!山の稜線に3・4人の人影がみえる
HO氏いわく「確か、どこかの会の人達が同じルートを縦走すると
ネットにでていたので、その人達ではないですか」って
確かに、こんな朝早く、こんなところに居る人達は只者ではない
しかし、昨日の夜は何処に居たんだろう?少し疑問
f0036700_18172377.jpg

草原に出て見あげると「雷山」はガスがかかっている
f0036700_18171684.jpg

いつもの朝一番の登り いい準備運動
途中、男性一人に追いつき話を聞くと、やっぱり縦走されていとのこと

7:50 雷山 到着
霧の中に人影 先出の追い越した人の仲間の方 まってらっしゃる
f0036700_18173236.jpg

ガスの中の雷山
f0036700_18174548.jpg

雷山の先に樹林帯は、いつきても気持ちいい場所です
今日は、ガスがでて幻想的な雰囲気もまたいいですね
f0036700_181753100.jpg

9:10 井原山 到着
f0036700_1818040.jpg

今回は、相方がいるので、普段とらない記念写真を「パシャ!」
以前来たときに笹に夜露があり、下半身ビチョビチョになり
寒い思いをした教訓が生かされていますV

ここで雷山で一緒だった男性の方とまた一緒になり
(コースが一緒だから当然)いろんな話を聞くことができました

「福岡山の会」の方々で、6人で出発されて、昨日の夜は「長野峠」にビバーク
いろいろハプニングあって (詳しくは内緒です) 夜の9時に着いたとのこと
途中で追い越した方は、雷山でエスケープして この方はこれから追いつくのだとか

よし!先行しているのは4人 追いつこうと気合入れて出発
f0036700_181884.jpg

10:45 三瀬峠 到着
ここで先行3人においつきました(途中で男性1人には追いついてます)
早速 声を掛けると「福岡山の会」メンバーでした しかも山ガール(笑)
女性の方が先行していたとは おそるべし女性パワー!
追い越した男性人からの連絡事項を伝言し、私達も休憩
f0036700_18181542.jpg

11:05 出発 ここで「露用」パンツチェンジ
会の方々より先に出発
f0036700_18182210.jpg

ここからの登りはきつい 私は、前日の体調(足がつる)もあり登りは自嘲ぎみに進む
HO氏はさすがに若いだけあって、登りは強い どんどん登って行く
っで、名づけた「登り番長」これから先 登りになると先行して引っ張ってもらうこととなる

途中で、金山下の中山方面の分岐前で、水補給
以前、水量少なかったと思うんですが、パイプの仕込んでありたっぷり補給

12:50 金山 到着
二日目で、一番きつい区間はこの区間だとわかってましてが、やっぱいきついかった
f0036700_18183194.jpg

しばらくすると、「会」一人がランナーと登ってきた
朝、井原山近くですれ違ったランナーさん
とゆうことは、ランナーは雷山まで行って、ここまで来たってこと!
おそるべし「トレイルランニング」!(背負ってるもの違うけど)
その方は、その筋では有名な方らしく「会」の方も尊敬していて
一緒に走って登ってきたみたいです(どっやポーズ!)
f0036700_181838100.jpg

そこからは、「会」の方は縦走路、ランナーの方は三瀬峠へそれぞれいく
私は、「会」の女性の方のトレイルランニングの後を、ストーカーのように付いて進む

13:30 マムシ岩 到着
これから進む 背振山を望む
ここまで付いてきましたが、HO氏を待つことにし、「会ランナー」と別れる
f0036700_18184539.jpg

14:05 小爪峠 到着
さっきのトレイルランニングもどきでつかれました ヘロへロです
f0036700_1819059.jpg

そこからは、多少の登り下りがあるが、ほぼ平坦な縦走路
14:20 猟師岩 到着  もうヘロヘロの局地 
f0036700_18185266.jpg

15:10 鬼が鼻 到着
f0036700_18191128.jpg

いつもの岩下場所の、紅葉はまだまだ先ですね
f0036700_18191986.jpg

「登り番長」のHO氏、前日からの下りで足の筋を痛めたらしく
下りではペースが上がりません
f0036700_18192778.jpg

15:25 椎葉峠 到着
どこか横になりたくてウロウロと、「ドッンッ」っと横に崩れる瞬間
ここまでくればあと少し、休憩
f0036700_18193690.jpg

途中、唐人の舞の手前の草地から歩いてきたコースを振り返る
ここで、不覚にも「会」女性人に追いこされてしまった
f0036700_18194578.jpg

16.50 矢筈峠 通過
f0036700_18195584.jpg

ここまでの舗装道路をやっとこさのぼり
17:10 背振山下キャンプ場 到着

ここまでのルート中、本当は、暴露しちゃいけなんでしょうが
「会」の人達には、サポーター隊がなんと「ビール」補給してたです
さすがは、「福岡山の会」組織力あります しかも「エビスビール」
横目でみながら、1000円で分けて下ださいって言ったらあっさり拒否
f0036700_1820370.jpg

でも、自分達で担ぎ挙げたビールがあります
乾杯!!格別の味わいがあります
f0036700_18201024.jpg

またまた、楽しみの炎 ってゆうかファイヤー状態になってます
このため「B-6」君もってきたかいがありました(グリルプレートは要らなかった)
やっぱり炎いいですね 疲れが吹っ飛びます
心が癒されます
f0036700_2124575.jpg

この日は、栗名月が近く 月がきれいでした
f0036700_20535130.jpg

「会」の方は、他の方々をまって暗くなっての到着
いろいろお話ししたりして、同じ東屋の下でのビバーク状態
それぞれシートに包まり芋虫状態寝てます、私達はテント中へ

それぞれの、想いと夢と一緒に眠ります

三日目へと続く
[PR]
by k1966k | 2011-10-13 21:10 | 山歩き