猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

十坊山~脊振山~基山 縦走①

10月の三連休(10/8~10)
以前より、通しで歩いてみたかった「脊振山系」の縦走してみた
それぞれの山の区間は歩いてるんですが、繋いでみたらどうなんでしょう?

せっかく三日間も「山中」にいるわけですから、ただ歩くだけ
完走目的じゃつまらないと思うので、それ以外も楽しみもできるよう準備をしたら
余計な物が増えてすっごい重さになちゃいました(大丈夫かな・・・)

しかも、いつもは「単独行」なのですが、今回は同行者あり
いつもブログにコメントくれる「HOさん」が一緒に行きたいとゆうことなので
自分的には、初めての「二人旅」どうなりますか!

10月7日 22:00 福吉駅出発
最初は8日の朝一番に出発しようと思ったんですが、HO氏が前泊するとゆうので
自分もそれに同調し、ともに「十坊山」山頂にテント泊すべく福吉駅出発
そのほうが、1日目の距離が短くなり少し楽ですし・・・

ヘッドライトを装着して、登山口へ
f0036700_1724044.jpg

こんな時間に、山道を歩いているなんて初めてのことです
時々「イノシシ」の気配にドッキッとしなが、二人でテンポよく登る
f0036700_172573.jpg

24:00 十坊山 到着
何回か歩いたことある道なので、迷いもせづ無事 到着
ずーっと登りでつかれましたが、まだまだ余裕の表情(白い歯が闇夜に浮かんでます)
f0036700_173895.jpg

っで、さっそく楽しみの「ビール」
この分の荷物の重さも含めると、この時点では、25kg以上あったと思う
f0036700_1731879.jpg

朝 4時過ぎ 行者か、信仰宗教かの、念仏・呪文・奇声で起こされる
まだ暗いうちから、ご苦労さまですって半分寝ぼけ気分いたら
そのうち、自分達のテントの前で念仏となえはじめて
多分、彼はいつも定位置なんでしょう、今朝だけはいつもと違ったんでしょうか

そんなこんなで、これから向う「浮嶽」から日が登る
いい天気になりそう
f0036700_173261.jpg

撤収!
昨夜 寝たの25:30 寝不足ぎみ
f0036700_17115155.jpg

テントの傍らに「ミニモスラー」発見、踏み潰さなくてよっかた
f0036700_1733889.jpg

7:20 十坊山 出発 (ちょっと予定より、遅い)
f0036700_1734618.jpg

7:35 白木峠 到着
普段は朝一といえば、登りが定番なんでしょうが、急下りで一気にテンション上がる
f0036700_1735648.jpg

今度は反対の急峻な登りを上がり、一気に
9:00 浮嶽 到着 
やっぱりきつかった
f0036700_174556.jpg

祠下の「亀」さんに朝の挨拶
f0036700_1741227.jpg

はじめてきたHOさん景色に感動中
f0036700_1742519.jpg

途中の「白竜神社」にも立ち寄り
何の神様かしりませんが、とりあえず安全祈願
f0036700_1743358.jpg

まだ始まったばかりで、元気いっぱい
イノシシのように駆け下りる ウォオー
f0036700_1744294.jpg

途中から縦走コースをはずれて、水補給
あまり知られていませんが、何回か来ている時に発見した場所
今回の縦走中、何回か水補給しましたが、一番美味しい水でした(二人の意見)
f0036700_1745648.jpg

8:55 荒川峠 到着
さあーここからも一気の登り
f0036700_175334.jpg

10:30 女岳 到着
途中、トラブル いきなり足がつってしまった
まだスタートしたばかり、急にきた 時々つることがあるが前兆がありこんなこと初めて
これから先は長いのに不安 (やっぱり荷物が重いのか・・・)
f0036700_1751330.jpg

気温22℃ 暖かい 汗が吹き出るはずです
f0036700_1752115.jpg

11:40 荒木峠 到着
良いペースです 予定どうりです
初めて一緒に歩くHOさんも、最初ペースが合うか心配でしたが
なかなかしっかりした足取りで、着いてきてます
でも、本人いわく「最初ペース速くてどうなるかと思ってました」って
f0036700_1752985.jpg

っで、ここでいつもの「おにぎり」いただきます
中身は焼きサバだったかな?
f0036700_1753854.jpg

12:20 羽金山へ出発
f0036700_1754549.jpg

こうゆう表示をたよりにすすむ
以前はルートが不鮮明なコースでしたが、最近は踏後もしっかりあり
このような表示もあり、注意さえしていれば、迷うようなことはないと思います
f0036700_1755390.jpg

こんな場所が所々ある 防火帯でしょうか?
f0036700_176161.jpg

こんな物発見「アケビ」かな?小さい頃はよく食べました
チョット食べてみましたが、「ンー」懐かしい味(それ以外のコメントは控えます)
f0036700_176960.jpg

この間は、縦走中で一番メンタル的にやられます
同じような小さいピークをいくつも超え
似たような景色の、うす暗い植林帯の中を2時間近く進むんです
二人とも、一番精神的にまいった区間と共通認識です

14:25 うわさの「河童山」から羽金山の電波塔を見る
私は以前きて騙されたので来たく無かったんですが
HO氏が始めてなので、一様立ち寄ることに
やっぱり、騙されたとつぶやいてました
f0036700_1761761.jpg

河童山を過ぎると、羽金山まではもう少し
こんな感じのいい道を歩きます
f0036700_1762585.jpg

15:00 羽金山 電波塔入り口 到着
HOさん中入りますか?聞いたら
「ここ車でこれますのでいいです」ってあっさり 確かに車でも来れる
f0036700_1763232.jpg

フェンス横からさらに進む
f0036700_1764165.jpg

ちょこっと見えてきた、今日のゴール地点の「雷山」スキー場跡
まだまだ遠い
f0036700_1764827.jpg

16:30 長野峠 到着
さすがに疲れて、この先の道端で、横になって休憩 
これからの最後の登りに備える

ちなみに私達は利用してませんが、長野峠登山口の少し道路を下った地点に
水が補給できる沢があるらしいです
f0036700_1765741.jpg

本日の最後の登り
3日間の中で一番のきつい登りでした
疲れている上に藪こぎ状態の場所があり
リュックにからみつき進みにくい しかも日が傾はじめて気の焦りもある
私は足がまたまたピクピクつり始め、HO氏にだいぶ遅れて到着
登りきったとき、丁度「羽金山」にお太陽が沈む時でした
f0036700_177411.jpg

18:20 雷山小屋 到着
この後、急いで、水の補給と薪の補給をして、
「ビール」でお疲れの乾杯
f0036700_9454841.jpg

暖炉の炎を見ながら、あしたの予定などを話して「焼酎」へと進む
今日の反省のこと、人生・仕事のことなど いろんな話をしたはず・・・
酔いが廻ってあまり覚えてません
夜中に風が強くなって音がしたらしが、そんなことも気にせず深い眠りでした
 
二日目へと続く
[PR]
by k1966k | 2011-10-12 19:00 | 山歩き