猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

皿倉山~福智山 縦走

9月23日 秋分の日 ひさびさに「台風」の影響も無く、さわやかな秋晴れの日
皿倉山~福智山の縦走に出かけてみた

山地図を眺めていたら、この縦走路に気が付き、調べてみたら
いろいろ情報があり、面白そうなので、北九州まで遠征してみた

作戦としては、採銅所駅から、八幡駅まで電車で移動して
「ハリヤー・ポッター」を、迎えにいく予定

4:30 自宅を出て5:30 採銅所駅 到着
山合いの集落はまだ暗く この駅だけが煌々と明るい
f0036700_18305816.jpg

無人駅のホームがだんだん明るくなってきた
いい雰囲気である 天気もよさそうである
f0036700_1831667.jpg

西小倉で乗り換えて、八幡駅まで
途中の車内では、ちょっと場違いな「山男」って感じ
f0036700_18311592.jpg

6:45 八幡駅に到着
正面に見えている「皿倉山」をまっすぐめざす
住宅街を抜け、さっき車で通った高速道路の上を進む
f0036700_18311834.jpg

だんだん傾斜がきつくなり、とにかくまっすぐ進む
っと、何とか稲荷の到着 安全をお祈り(お賽銭無しでしたが大丈夫かな!)
f0036700_18312880.jpg

つずら折れの登りを、直登りの看板に触発されて、直にのぼる
剥きになって登れば、着いちゃいました(朝一番できつかった)
8.00 皿倉山 到着
f0036700_18314185.jpg

ちょっと観光気分で、展望台へ
こんな物があり、鍵にコメント書いてある
f0036700_18314829.jpg

こちらは北九州市内?
日本3大夜景の1つらしいです
今度は夜にでもきてみようかな(笑)
f0036700_18315285.jpg

皿倉山山頂はいろんな建物・アンテナがいっぱいあり「頂上」の印発見できず
いつの間にか、国見峠に着ちゃいました
f0036700_1832813.jpg

8:40 権現山 到着
f0036700_18321083.jpg

進行方向がわかりずらかったが、多分この神社の前をすすめば大丈夫と思いすすむ
f0036700_18322891.jpg

しばらく行くと、「九州自然歩道」の案内があり、綺麗に整備された路を行く
f0036700_1832318.jpg

けっして、斜めに写真撮ったわけではありません
こんな感じの右さがりの斜面の道を結構長い間進む
当然左足のほうが負担かかり、後から響いてきました
f0036700_18324887.jpg

9:15 市ノ瀬峠 到着
一般道に出たんですが、どっちに行けばよいかわからず、うろうろ
f0036700_1833172.jpg

左にすすむと、こんなところから上がります
f0036700_1833751.jpg

9:33 「建郷山」入り口通過
ちょっと先を急ぐので頂上には向いません
f0036700_1833198.jpg

9:37 田床峠 通過
119番通報プレートが設置してあり、これはいい考えと思う
自分の居場所が番号で連絡でき、迅速の救助ができますもんね
f0036700_18332844.jpg

10:00 双伍山 通過
またまた、頂上はパス
f0036700_18333775.jpg

最近、雨が多かったせいでしょうか、こんな綺麗なきのこがあっちこっちに
f0036700_18334582.jpg

これが「マツタケ」だったらいいのに
f0036700_18334896.jpg

しばらく進むとまたまた「双伍山」の案内 本当はどっち?なの
f0036700_1834224.jpg

ずーっと樹林帯の日の当たらない山道だったので
パット明るくなった日の当たる場所で一個目の「おにぎり」
やっぱり太陽の日差しはあたたかい
f0036700_18341094.jpg

10:54 観音越 到着
ここで靴の中に入った落ち葉の清掃 
それとさっきリュック降ろしておにぎり取った時、
どうも中身が移動したらしく、歩くとカタカタ音がしだした
観音越の音が一緒なのでこれも何かの縁かもしれません
f0036700_18444228.jpg

ほとんどアップダウンの無い道を快調に進み
11:20 田代分 到着
f0036700_18361385.jpg

ぱっと明るい場所
無残にも木々が切られている なんでだろうと?
上を見ると「高圧線」が走っている 危ないからなのでしょうね (一人納得)

この先で2人の縦走(逆)の方とすれ違う(男・女一人ずつ)
多分丁度中間点ぐらいなんでしょう
いろんな方とすれ違ったんですが、感じるものがあるんでしょうね
ピンとくるものがあり、お互いの検討をたたえあって分かれる
f0036700_18361624.jpg

12:04 豊前越(たぶん?)通過
いろんな、似たような場所過ぎたんで、なんだか混乱してます
f0036700_18362781.jpg

12:07 尺岳平 到着
頂上かと思い休憩しようと思ったんですが、右手をさらに進むのですと
よっぽどパスしようとおもったんですあが、せっかくなので行くことに 
f0036700_18363865.jpg

12:10 尺岳 到着
こんなかわいい「鳥居」がある
一瞬くぐろうかと思ったが、だぶん無理と判断
f0036700_18364638.jpg

っで、尺岳平に引き返すと、今日の「犬」遭遇 
ダムからきたっていってました 黒い色が暑そう
f0036700_18365984.jpg

二匹目の「犬」遭遇
こちらも暑そう
f0036700_1837398.jpg

ここら辺の縦走路は非常にすばらしく
明るく綺麗に整備された庭園みたいな樹林帯でした
前出の「犬」の飼い主の方も、わざわざここの区間だけを歩きにきたと言ってましたが
その気持ちがわかる気がします 紅葉の季節もいいでしょうね
f0036700_18371178.jpg

13:35 からす落
「落」って地名だから谷かと思ったら、ベンチがありました
なんで「烏落」なんでしょう?
f0036700_1837245.jpg

たぬき水 到着 縦走路 唯一の水場 冷たく、凄くおいしい
思わず「3Lプラテェパス」満タンにして、予備の水等も満タンにしちゃいました
f0036700_18372778.jpg

13;45 荒宿荘 到着
ぱっと見は綺麗なんですが、ちょっとくたびれている感じがします
f0036700_18373495.jpg

ここまできたら、あと少し 余裕がでてきました
さっきの美味しいお水でコーヒータイム
っが021.gif
なぜかコーヒーがリックに入っていない
しょうがないので、そのままお湯だけ飲むことに
f0036700_1837415.jpg

でも「おにぎり」は美味しかった
天気も良く、こんな場所でビールがあると最高なのに・・・
f0036700_183749100.jpg

出発地点の皿倉山が見える
f0036700_18375741.jpg

今日4匹目の「犬」 道の真ん中にお座り状態
他にも遭遇したんですが、写真撮りそこなったんです
この日は良く犬にあいましたね
f0036700_1581857.jpg

14:40 福智山 到着
ぐるーり360℃展望がきく
はじめてきましたが、気持ちいい場所ですね
f0036700_1838942.jpg

こちらは、これから向う「赤牟田の辻」方面
たぶん遠くの山々は「英彦山」か「九重連山」だと思うですが(ちがうかな)
f0036700_18381250.jpg

15:00 福智山 出発
なぜこの方向のルートにしたかとゆうと
初秋の銀色に輝くススキ原を、縦走の余韻をかみ締めながら
夕日が差す中をゆっくり歩いてみたら気持ちいいだろうなーと思ったから

っが、しかし
ちょっと甘かった008.gif
ここまでは、予定どうりでしたが、晩夏が過ぎたすぐ後で
すすきの原は、まだ草の勢いがあり、背丈以上に伸びており、進むのは「藪漕ぎ」状態
すすきの穂は丁度、顔にかかりむせるし、ぜんぜんイメージどうりじゃない033.gif

ましてや、足元はわかりずらく慎重にすすまざるおえないし
他の方々が来た、逆の方向にすすんでいるため、芝目が逆の状態
うリャっーて、すすき野原に突っ込む感じで、ぜんぜんペースがあがりません
f0036700_18381957.jpg

こうやって振り返ると、綺麗なんですが・・・

っでしかも、いくつもの同じような丘を超えなきゃいけないし
ルートは、猪が荒らして不鮮明だし、ほんと、泣きが入りました
f0036700_18382743.jpg

そんなこんなで 16:40 「焼立山」到着
一瞬「ビバーク」も頭をよぎりましたが、猪に遭遇しそうなので断念
f0036700_18383598.jpg

「藪漕ぎ」はもう一生分したでしょう 先はまだまだ長い
f0036700_18384289.jpg

16:50 ようやく「山犬の峠」 到着
f0036700_18384962.jpg

まだまだ「藪漕ぎ」はつづく
このころになると下りで「左ひざ」が痛くなってきた
f0036700_1839182.jpg

ようやくここまできました(なんてゆう場所かよくわかりません)
f0036700_1839968.jpg

17:30 牛頸山 到着
ほんとうは、「わしゃ、こんなとこ、きとうなかった」心境でしたが
せっかくきたのだから、ゴールの山に登頂したみました
きてよかったです 晴れ々した気分で達成感いっぱい
f0036700_18391537.jpg

牛頸山の影が伸びている
下山を急がねば
f0036700_18392297.jpg

18:30 無事 採銅駅 到着
f0036700_18392366.jpg

終わってみて、やっぱりはじめての山歩きはいろいろハプニングありました

心残りなのは、途中パスした「山」にちゃんと登ってみたかったのと
それと福智山からの草原が、なんとも気に入らない

もう一度今度は、春先に草が枯れている時期に、今回と逆ルートで挑戦したみたいな
009.gif
[PR]
by k1966k | 2011-09-30 20:00 | 山歩き