猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

坊がつる 1日目

残暑お見舞い申し上げます001.gif

イヤーほんと毎日暑いですね~
そんな暑さを忘れるために、8/11~13に「坊がつる」に避暑に行って来ました
ってゆうか、九州で山歩きをする方々は年一回ぐらい訪れる超メジャーな場所
でも、私は行ったことが無く、どんな所かすごく楽しみで、
子供の遠足みたいに、前日から何度もリュックのパッキングをし直したりして、
興奮状態で、少し寝不足ぎみですが、出かけてみた

8月11日6:00自宅出発 8:00長者原ビジターセンター駐車場 到着
早速、山歩の準備の取り掛かろうとしたら
がーン な・な・ない
一番必要な靴が無い


他の物はなくても何とかなるが、「靴」がないと登れない
ど・ど・どうしよう?近くのお店探して買うか それとも戻るか!
迷ったが、新品の靴じゃ足になじんで無いと、大変だろうから
家に取りに戻ることにした(涙)往復4時間のロス
最初の考えでは「牧の戸峠」から久住山経由で坊がつるに行くつもりでしたが、
この時間じゃに無理でしょうから、「すがもり越」で坊がつるに向かうルートに変更

11:30 駐車場から気を新たに出発
f0036700_1242264.jpg

平治号(犬)の横の橋(名前?)の登山道の箱に登山届けをちゃんと出していく
f0036700_1243889.jpg

しばらくは舗装された道を進み、どんどん高度を上げていくと
砂防ダム横の取り付き口からは、本格的な登山道へ

12:30 しばらく登ったところでいつもの「おにぎり」を頂く
おにぎりの向こうに、長者原が望む
f0036700_1244712.jpg

休憩後、いつもの樹林帯とは違う荒陵とした岩の間をすすみ
目の前に「硫黄山」出現 煙モコモコ凄いもんです
f0036700_1245123.jpg

13:15 そこからしばらくいくと「すがもり越」到着
「へー」って感じ、昔小屋があったらしいですが、今はごらんのような状態
f0036700_125610.jpg

なぜか?鐘がある!
やっぱり初めての人間としては、鳴らしてみなくちゃねっ
「カン・カン」って、澄んだ音
f0036700_1252179.jpg

反対側を振り返ると、「三俣山」が望む
坊がつるまではまだ時間早いので、チョット足慣らしに・・・
f0036700_1253115.jpg

13:40 頂上着
途中、木など日差しを遮る物などないですが、さすが1700m近いと涼しい
f0036700_1253538.jpg

往復1時間足らずど降りてきて、こんな川原みたいなところを歩きます
f0036700_1254677.jpg

そして不意に眼下に「坊がつる」が見えてきた
ハローって叫びたい気分
想像していたのより、雄大で広い、凄くいい感じです
f0036700_1255082.jpg

14:40 法華院温泉到着
すぐにでも「温泉」に入りたかったんですが、まずはテント場へ急ぐ
f0036700_1255727.jpg

っで、設営完了
何人ものかたがすでに、設営されていたので、私はススキの中にこっそり設置
手持ちの道具をつかって、上手く設営できたでしょうV
f0036700_126467.jpg

10分ぐらい歩いて、こんな感じの温泉へ急ぎ、いざ入浴
f0036700_1261169.jpg

外のテラスはこんな感じ
そとからは丸見えです
シャンプー・石鹸は使用禁止なので、入浴のみでした
f0036700_1262162.jpg

風呂あがりの楽しみを「プシュー」っと
ここは自動販売機があり、わざわざ担いでもってくる必要が無いのでありがたい
しかも冷えていて「旨い」幸せいっぱい
f0036700_1263048.jpg

さっそくテントへ戻り、夕食をいただく
ビールも2本目へ
f0036700_1264494.jpg

ディナー「チキン・ウインナー」
ガラスのビンは焼酎が入っている
f0036700_1265141.jpg

焼酎が進むころには、2時間水に浸していた「ごはん」を炊く
上手く炊けました カレーを〆に流し込む
f0036700_1265564.jpg

当たりが暗くなりはじめたら、こんなことをしてみたりして
まったり過ごす
f0036700_127519.jpg

酔いが廻ってきて、早々に眠りつきました
夜中に起きた時に、夜空の星が綺麗だと聞いていて、期待したんですが・・
満月に近い「月」のおかげで、あまり星は見えませんでした
そのかわり、昼間のようは月光りでした
明日の山歩きのシュミレーションを頭の中でしながら、再び深い眠りへ・・・
[PR]
by k1966k | 2011-08-16 12:08 | 山歩き