猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

脊振山~雷山 縦走

またまたやってまし、脊振山縦走
先週の土日に雷山までの計画でしたが、
途中、雨が降ってき、金山でエスケープ
今週は天気も良さそうですし、秋本番の紅葉を楽しみつつ
一気縦走で、いっぺんに脊振山系を満喫しようと思ってます058.gif

っで、先週の反省点をふまえて
どうも、自宅からのアプローチでは、時間的に体力的に
難しそうなので、不本意ではありますが、「ハリア・ポッター君」の出番
脊振山頂の駐車場まで車で行き、縦走し雷山登山口のバスで帰宅して
翌日、歩いて「ハリア・ポッター」君を迎えに行く段取り

っで、その予定でしたが・・・
朝、前日の「ボーリング大会」のおかげで、少し寝坊し
出発が遅れ、8:30家出発
おそらくこの時間では、雷山バス亭の4:10発には間に合わない
じゃ、雷山の小屋に泊まり、朝早く迎えに行く計画変更
ある意味、また暖炉でヌクヌクできるのかと、楽しみも増えた016.gif


9;20 脊振山駐車場 到着
「ミサイル」君と記念撮影
f0036700_11384261.jpg

9:30 脊振山山頂
何度かきているが、こんなに天気が良く、見晴らしいいのは初めてである
まだ、福岡市内は「朝霧」の中
f0036700_11385242.jpg

こちらは、これから歩く雷山方向
気象庁のレーダードームが手前に見える
山々もいい色かげんである
f0036700_1139228.jpg

ポチポチ歩きだし、ペースがのってくるころ現れる
何度か来ているが、いつも不思議に思う地点
白い砂状の大地!なんてゆう所なんだろう?
f0036700_11391124.jpg

朝の日を浴びて綺麗です 笹とのコントラストがすばらしい
(本当はもっと綺麗でしたが、腕が悪いのかいまいちですかな・・)
f0036700_11392176.jpg

途中、椎原峠で20人ぐらいの団体さんの合う
話聞くと、東京からの登山旅行者とのこと
北九州方面の3つ山(聞いたが忘れた)をのぼって、脊振山が最後の目的地
優雅ですね~って話したら、いつか関東の山にもいらしてくださいって
そうですね、いつかは日本アルプスなんかいってみたいですな~(笑)

10:40 鬼ケ鼻岩 到着
ここまで、気になる人物が一人
30歳ぐらいの男の人と、抜きつ抜かれつで歩く
f0036700_11392922.jpg

11:15 矢筈峠 到着
金山までの大体中間点 バック下ろし少し行動食を食し、休憩
f0036700_11393975.jpg

ここからは、ピークがすこしあるが気持ちいい樹林帯
さすがに秋本番 落ち葉の道で気持ちよくすすむ
f0036700_1139486.jpg

12:15 金山 到着
先ほどの男の人は先に到着しており お湯沸かしてカップラーメンで食事中
とゆうことは、自分より15分くらいは早い、いい足してます
せっかくなので、挨拶をしてお話をしてみると、まだ2回目の金山だそうです
食べ終わったら、また来た道を戻るそうです
そうなんですよね。車で来ると戻らないといけない、自分もそれが嫌なんです
f0036700_11395851.jpg

っで、自分も御飯 毎度おなじみの「おにぎり」
今回はサッカーボール状態 海苔が少なかった(涙)
f0036700_1140618.jpg

13:40 三瀬峠 到着
金山頂上でも人多かったが、車も多い
f0036700_11401394.jpg

15:25 井原山 到着
途中 初老の夫婦の方とすれ違ったがそれ以外は人と合わず
当然、こんな時間に頂上に人いません
f0036700_11402093.jpg

気温16℃ そんなに寒くありません
f0036700_11402878.jpg

途中「リンドウ」?発見
あんまり花の写真撮ったことないので上手く写ってない
f0036700_11403694.jpg

16:50 雷山 到着
やっぱり、途中誰にもあいませんでした(あたりまえか)
でも、山頂に近づくと人の声が (一瞬幻聴?)
この時間に、青竹を杖に男子が4人登ってきた
聞くと「九大」生とのこと 急に思い立ってきたとのこと
すごく疲れたといっているが、自分もつかれた 少し休憩008.gif

傍らで、若者らが無邪気にはしゃいでいる
「トップオブ・ザ・マウンテン」といって岩の上でポーズしたり
「雷山山頂なう」ツイッター してみたらと一人言うと
「え、電波入らん」「オレのは入る・・」のん気なこといってる
f0036700_11404355.jpg

そのうち「羽金山」に日が沈みかけてきた
若人もしばし見とれて「オー沈んでくよ」って

でも、おいおい帰りすぐ暗くなるけど大丈夫?こっちが心配になってきた
「帰り下の祠の左いって、舗装道路で帰ったら」って声かけたら
「ありがとうございます」って、「自分達その道できましたから」って
ちゃんと帰れたかな?ニュースになってないようだから大丈夫だったかな
f0036700_11405050.jpg

っで、自分も17:30 小屋に到着
少し薄暗くなってきた、バッグ下ろしすぐ「薪」集め
山の中、いくらでも集められる それと直ぐ下の水場へ水汲み

今回は自前の「薪」ですから、遠慮せずにがんがん火を起こす
そしてビールを「プシュ」 一人健康に乾杯
鉄鍋でチキンとウインナーのグリル(塩味のみ)を肴に
ビール500ml2本と焼酎350ml(お湯割り)を五臓六腑に行き渡らせる
〆に、大盛りカレーを流しこむ
f0036700_11405761.jpg

お酒に酔い、ゆらめく炎に酔い、明日どうしようか思案
バスで帰っても、自宅から5時間歩く
だった、このまま引き返し縦走してもいい
ただ、西から東の縦走は脊振山系3日間一気縦走にとって置きたい

酔っ払って考えたって、堂々巡り、それに眠くなってきた
目覚ましだけセットして、起きてみて、体と気力に相談して朝決断しようと思う

っで、次の日どうしたかは?次回にアップ001.gif
[PR]
by k1966k | 2010-11-10 12:04 | 山歩き