猫のように気ままに生きたい人間の日常生活


by 酒とゴルフと愛猫と

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

山歩き
つぶやき

ゴルフ
愛猫
お遍路

以前の記事

2016年 04月
2014年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(15)
(12)
(12)
(11)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
猫

画像一覧

四国お遍路 区切り打ち 後記

四国お遍路が終わって高速バスに乗り
地下鉄に乗り、朝8時には自宅に着いた
f0036700_1016984.jpg

いつもの通い慣れた街が新鮮に感じられた

家に着き、シャワーを浴び、少し眠た
2時間ぐらい寝ただろうか、目が覚めて
「あっ、今から何処まで遍路するんだっけ?」
一瞬、パニック状態、何処に居るのかわらなかった

たった9日間の出来事
出立する前は、軽い気持ちで出た
ただ、いろんなことを見て、感じて、積極的に体感しようとは思っていた

実際、意識しなくても経験できた。いやおうなく向こう側から来た

耐力的に限界を感じ、
人生の中で一番の苦痛を感じ、無力感を感じた

人とのふれあいの中で、いろんな生き方があるのを見聞きした
自分がまだ恵まれていることを実感できた

野宿することで、寝ること、食べることの難しさ
日常生活のなにげないことへの、感謝の気持ち

何も無い山の中から、人の住む街の中へ歩いていく自分が
その煩悩の世界を、新鮮な感覚で捉えられたことの驚き

遍路の世界感を一瞬に触れられたような気がする

遍路(歩く)とゆう単純なことをしたから、
世の中の、人生・家族・社会・世界などの複雑に
絡み合っていることが、客観的に見えたのかもしれない
今、目の前にある事は、その瞬間だけの結果ではないこと

世の中に「唯一無二の心理」が無いのがわかる気がする

天井を見ながら、ここは自分の部屋か、と思った
エヤコンが聞いて快適である
足は腫れて、両方の小指の爪は剥がれかかっている
f0036700_118483.jpg

今は、まだ荷物の整理もしていない
すべての遍路道も終わっていない
どうするか?ゆっくり考えてみようと思っている

8月14日(土)
[PR]
by k1966k | 2010-08-19 11:10 | お遍路